--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/06/23

まとめて

今から図書館行って来るので、
残りをまとめて。



・「硝子細工のマトリョーシカ」 黒田研二

硝子細工のマトリョーシカ (講談社ノベルス)

面白かったですけど、読んでて分かりにくい部分がチラホラ。
最後まで読んで、「あぁ!そういうことか!」と、分かりにくい部分がスッキリと!
となるべきなのだと思いますが、
いまいち、最後のスッキリ感が得られません。
途中でトリックがばれないように、でも、最後にトリックを聞けばスッキリできるように、
というさじ加減はとても難しいのだな、と。
ちょっと残念な感じ。


・「晴明。[完全版]」 加門七海

晴明。―完全版 (ソノラマノベルス)

(amazonさんに表紙画像なし)

最後の「。」は必要なんでしょうか、必要なんでしょうね…。
伝奇色強めの晴明もの。
若い頃のお話なので、扱ってる時代自体がそもそも違うんですけれども。
夢枕獏の「陰陽師」の方が私は好きかな、と。



・「神話の島」 久綱さざれ

神話の島 (ミステリ・フロンティア)

(こちらも表紙画像なし、がっかり、本を選ぶときには表紙重要なのにね)

ミステリ・フロンティア。
著者来歴に「ムー伝奇ノベル大賞最優秀賞受賞」とか書いてありますし、
表紙裏のあおりの部分も導入部分も諸星大二郎的なにおいがぷんぷんしたので、
もっとこう、伝奇よりなのかと思ってましたが、
最後まで読んでみると意外にしっかりしたミステリで、
読みやすかったし、話としてもとても面白く、好感触。

難を言えば、探偵役の人が完璧超人過ぎやしないか、ということでしょうか。
知識だけならまぁ博識なのね、で済みますけれども…。
その部分だけちょっと萎えましたが、それ以外は良かったです。

読書 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« ホームズ | HOME | 自堕落 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。