--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2016/07/09

発展!ぼくの村!!

夏ですね。
つまりSteamのサマーセールの季節ですね。


ここ1年ほどはブラウザゲームにうつつを抜かしてたりなどしていたため
Steamではあまりゲーム買ったりしてなかったんですが
今回は、今回こそはBanished買うぞ!と友人と盛り上がってたこともあり、
セールの開始を待ち望んでおりました。

無事セールも始まり、取り合えず66%オフも確認、
もしかしたらデイリーでもうちょっと下がるかもなー、と期待して
最終日まで待ったのですが残念ながらお値段そのままでしたので購入。
まぁ元が66%オフだと700円程度なんで、下がったとしても100円くらい?だし…。


で、このBanishedどういうゲームかと申しますと

中世ヨーロッパ?辺りがモデルの都市経営シュミレーション、
開拓者の一団として、未開の山野を切り開き
狩猟や採集、農業、牧畜等を駆使して村を発展させていく、という
まあシムシティみたいなもんなんですけども…。

時代設定のせいか、AoEやUOをほうふつとさせるようなグラフィックなので
未開の原野部分も、家だの畑だのが建って賑やかになった村も
見てるだけでなんだかワクワクしてくるのです。

幸い、有志の方々が作成してくださった日本語化MODが
Steamのワークショップに登録されてますので
DLしてどこそこのフォルダにファイル入れてあそこを書き換えて…などという手間も要らず
ボタン1つで簡単実装、
早速我が村を発展させるのだ!!!


と勢いこんではじめたのですが
記念すべき初回プレイは倉庫を作り忘れてしまい、
1年目の冬を越えたあたりでまだまだ数少ない住民の皆様が次々と餓死し始めてしまったので
無かった事に。

仕切りなおして次のプレイ!は
リソース管理の要領がまだ掴めておらず多少の餓死者凍死者は出してしまったものの
じわじわとしかし確実に村は発展、

食料や薪の在庫とにらめっこしながら、ひたすら施設を作り道路をひいて橋をかけ、
ふと気がつくと、あんなに小さかったうちの村が結構な大所帯に!

そしてふと気がつくと、現実世界でもすごい時間が経過して……

分かっちゃいたけど時間泥棒ですよね、この手のゲームは。
ターンという区切りがない分Civilizationよりもっとたちが悪いかもしれない…・

そして、慌ててお外に買い物に出たところ、
住宅の中の空き地が目に付き、あーあそこ家もう1件くらい押し込めるんじゃない?
とばかりに脳内で家のモデル回転させてたので
たった1日で結構な重症だな…と実感。


と、そんな感じで楽しんでいます。
数百円でこんな素敵なゲームが買えて、しかも無料で日本語化もしてもらえて。
やっぱりSteamは
よいものだな。


ゲーム | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。