--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2015/11/01

終わっちゃった…

寒い。
超寒い。

こりゃもうストーブさん出てきてくれても良いんじゃないの?
っていうくらい寒い。

ですが、旦那のお休みが無いため灯油を買いに行くのもままならず。
コタツは出したものの、PCに向かってる時は当然入れないわけで。

寒さのためか、風邪っぽい、というか
ここ3日ほど頭痛も痛いので
重ね着の上に毛布と毛布を着てしのいでいます。
ぬくぬく。

この雅じゃない重ねときたら!
とか思ってはいますが、しょうがないね、寒いものね。


さて、チマチマ楽しんでいた立体ピクロス2ですが、
全問解き終わってしまいました…。

ミス数とクリアタイムの両方を最高ノルマ以上でクリアすると
虹色の宝石がもらえるのですが、
最後の1問だけ虹色取り逃してるので、
最終問題を虹色でクリアしないと、個人的にはクリアにはならないのですが。

最終問題は、普通にクリアした時でさえクリア時間1時間越えてた
(でもクリアタイムのノルマは達成してた…)のと、
頭痛がするときにはさすがにやりたくないなーってので、それは後回しに。

ミス数や経過時間で、時間切れアウトになる、という1のシステムと比べて、
時間切れアウトにはならず
(相当アレだったらなるのかもしれませんが、少なくとも私は経験無し)、
ノルマクリアで、クリア時の評価が変わる、という2の仕様は
なかなか良かったと思います。

問題数も多かったですし、
簡単な問題を大量に解かないとある程度歯応えのある問題を解けるようにならない、
という方式ではなく、
7~8問程度のステージが数個ずつ、順次解放されていく方式のため、
そのステージ内にある程度難易度の差がある問題が混在してるので、
簡単な問題から選んで解いていくも良し、
好きなように緩急をつけても良し、
と選べるのも良かったかと。

もうちょっと何とかならなかったかなー、という部分ですが、
使用する色が2色なので、必然的に
塗る動作が2種類、目印的に使うマーク動作も2種類、削る動作が1種類と
合計5種類もあるので、操作に大分慣れた後半になっても、
塗りミスが出ちゃうんですよね…。

論理的に間違えたミスとか数え間違ったミスなら諦めもつくんですが、
青色に塗ってるつもりだったのにオレンジに塗っちゃって…みたいなミスだと
どうしてもこう、モヤモヤしてしまいますし、
注意してれば防げることではあるのですが、
大作問題だとどうしても最初から最後までずっと注意力を維持するのも難しいので、
もうちょっとこう、動作を間違わないような工夫がシステム的に出来なかったかなぁ、と。

まぁ、そういう大作は3回くらいまでならミスしても最高評価は取れるので
良いといえば良いのですが…。

という感じで、少々の不満はあったものの、
大層楽しめたかと。
そして、ちょっとほとぼりが冷めたらまたセーブクリアして最初から遊び直すので、
まだまだ楽しめます。

良いゲームでした。
ゲーム | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。