--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/06/14

絡まった

朝起きたらインターネットに繋がりませんでした。

というとまるで起き抜け一番にやることはネットにつなぐこと!
みたいな生活をしているように思われますが。

あながち間違ってもいない気もしますけれども、
弁解をさせていただくなら、朝一番にPCを立ち上げたのは旦那で、
理由は、仕事に行く前にトラビアンで村の様子を見ておくこと、
という、
まぁ、弁解にも何もなっていない理由で繋いだ訳ですけれども。

繋がらないこと自体は、よくある、とは申しませんが何度か経験済みで、
ADSLのルーターを見る限り、
どうも、以前よく起きた、ルーターが原因の不具合なんじゃなかろうか、と。
解決方法は、ルーターの電源を抜いて10分くらい放置しておくこと(NTTさんご推奨)。

落ち着いて電源を抜いて10分ほど放置→繋がらず。

ケーブルが抜けかけかも?と、壁の配線とルーターの配線の根本をチェック→異常なし。

NTTの方の原因かもしれないねー、と
再度電源を抜いて1時間ほど放置(旦那は諦めて仕事に)→繋がらず。

この辺で、アレーいつもと違うかも、と。
ケーブルの抜き差しも何度か試してみたのですが改善されず、
更には、電話も通じていないことが判明。

こりゃダメだ、と諦めて、早めにNTTさんにお電話します。
だって早めに解決しとかないとトラビアンの村から資材が溢れちゃうし!

で、現状を説明し、原因は不明なので修理をしに来てくれる、と。
予約が立て込んでるので、時間は分かりませんけれども…と、
大分待つ様子ですが、今日中に来てくれるなら御の字です。

時間に余裕があるようなので、
他人様を家に迎え入れるにあたっての大掃除をすることに。

そんなに汚れてるわけでも無いですし、
他人様に見られたら己の性癖を疑われるようなブツが
部屋に転がってるわけでも(多分)無いですけれども、
回線のチェックとかルーターのチェックとかいうと、
机の後ろとか物陰とか、普段見ないところを見られるわけですし、
そういうとこにホコリが溜まってるの見られるのも嫌だなー、と。

ついでなんで台所とかも掃除しちゃって、
おおよそ片付きまして、
どうせいじるんだから、裏のケーブルもせめて見栄え良く配置しておこうか、と
ケーブルをほぐす作業も始めました。

我が家はPC2台に今はWiiがインターネット回線に繋がってまして、
それにプラスして固定電話の線もあり、
自慢じゃないですが配線のカオスっぷりと言ったら、
全部分解したら元には戻せなくなるんじゃないかと不安になるほどで、
引越しの際も、PC他ハードからはケーブルを抜くものの、
ルーター部分に繋がってる配線や電源等は
ケーブルを繋げたまま箱にそっと仕舞いこむという方法で乗り切ってきてるわけです。

その幾多のケーブルを分かりやすく絡まないように…と、分別していると
どこからともなく、どこにも繋がっていないケーブルの頭部分が………。

あれ……?

ちゃんと繋がってるかどうか先ほど入念にチェックしたはずなのに、
どうしてどこにも繋がっていないケーブルが………?

もう一度良く探してみると、
電源部分に取り付けられている雷の害を防ぐための機械その名も『雷王』に
なんだか空いてる部分が………。

もしかして……と思ってつないで見ると、
あっという間にルーターが正常な動きを。
勿論ネットにもあっという間に繋がります。

いやーー、盲点だったな。
存在すら忘れかけてましたもの『雷王』。
以前、本当にルーターが壊れたときにうちに来たNTTの修理屋さんが、
動作の確認をする前にルーターを壊してしまい、
そのお詫びに、と新品のルーターに添えてくれたものだったんですけれども。
その後雷が近くに落ちたりしたことが無いので
効き目があるか良く分からないけど一応つけてあるものなのですけれども。

まさかこんなところで己の存在を主張してくるとは……。

多分、どちらかがケーブルに躓いたかなんかした拍子に抜けてしまったのでしょう。
昨日は私が先に寝たので8:2で旦那が犯人だと思いますけれども。

何はともあれ無事に繋がったので、
慌ててNTTさんに電話をして修理のキャンセルをお願いしました。

部屋も綺麗になりましたし、
村から資材も溢れていなかったので、取りあえずはめでたしめでたし、ということで。

今度何か異常があったときには、
忘れずに『雷王』もチェックします。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« とどめ | HOME | 途中経過 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。