--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/06/12

軽め

図書館へ。

エルミナージュにはまってまして、
読書の時間が大分削られているので
今回は軽めのものをチョイス…した気がする。

早速一冊。

・「ソフトタッチ・オペレーション」 西澤保彦

ソフトタッチ・オペレーション (講談社ノベルス)

神麻嗣子シリーズ最新刊!
って本に書いてありますけどそりゃ発行された当初はどれでも最新刊でしょうよ。
帯ならともかく裏表紙は次作が出ても変えないだろうしなぁ。
まさか初版しか刷らない訳でもないだろうに。
でも多分現時点では本当に最新刊です。

短編集、このシリーズも短編向きだと思います。
長編もありましたがどうも間延びしちゃう気がして。

内容は相変わらずで、軽く読むには楽しめました。
が、主要メンバーがほとんど出てこなかったですね。
さすがに神麻さんは出てきましたけれども、
能解さんとか聡子さんとか全く…。

さすがに絡ませるネタも尽きたんでしょうか。
ある程度人数出そうとするとどうしても
舞台が絞られるというか、話の進み方がワンパターンになりそうですしね。
私は、あまり主要メンバーが出てこなくても、
語り手や謎解きに変化がある(と思う)今作は面白く読めると思います。
読書 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 途中経過 | HOME | 入梅 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。