--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2015/02/06

映画化とかドラマ化とか

三日月宗近も小狐丸も来てませんが何か…?


・「星籠の海 上・下」 島田荘司

星籠の海 上  星籠の海 下 


ちょっと前に、御手洗潔シリーズの話を友人としていまして、
もしドラマ化するなら、御手洗はベネディクト・カンバーバッチが良いよね、とか
人種とか色んな物を無視して盛り上がっていましたが、
そんなところにまさかのドラマ化、そして映画化のお知らせが…。

い…今頃…?

気になるキャストは、
御手洗が玉木宏、石岡君が堂本光一だそうで。
玉木宏は、原作者の強い希望らしいのですが、
まぁそれは納得、というかこれ以上はなかなか望めない良い人選だと思うのです。

石岡君はあんまりピンと来ないけど、正直どうでもいいかなって☆

で、ドラマの方は『UFO大通り』から「傘を折る女」
映画の方は「星籠の海」らしいのですが、
生憎どちらも未読でしたので、取りあえず棚にあった「星籠の海」のほうを…。


分厚い割りに凄いサクサク読めたんですよね、
悪い意味で…。

なんていうか、こう、言いたいことはいっぱいあるんですけども、
こんなキャラだったかなぁ…、とか、
こんな文章書く人だったかなぁ…、とかね。

このシリーズで最初に読んだのは確か
「暗闇坂の人食いの木」で凄い怖かったんですよね、
でも怖いけど魅力的だったし、
「占星術殺人事件」も、最初に読んだ時はすごく面白かったなぁ…、
とか。

ちょっと物悲しい気分に…。
あと、コレを映画化するとなるといくらなんでも堂本光一かわいそうじゃない…?
脚本的にもうちょっと何とかしてあげてもいいのよ…?

読書 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 泥沼 | HOME | 徘徊 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。