--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/10/06

大荒れ

土曜日のことでございました。

朝5時半には起きてお弁当を作らねばならないなぁ…、という日程を前にして、
前日、ついつい夜更かしをしてしまったのです。
『不眠気味だったし、極限まで眠くなってたらきっと良く眠れるよね♪』
などとのんきなことを考えつつ、
旦那を送り出して洗濯物を済ませて、待望の布団にもぐりこんだ私に、
2時間もしないうちに電話がかかってまいります。

「制服忘れたから持ってきて…」という内容の電話が…。
年に1回くらいはあるんですよね、その手の電話。
制服無かったらどうしようもないってことは分かるんで届けに行きますけども、
っていうか、今までは一番遠くても自転車で20分くらいだったし、
内心めんどくさいわあって思っても気楽に届けられる距離だし。

でもね。
今は片道2時間よ?
行くけど…行くけどさぁ…。
のんきに夜更かししていた数時間前の自分を呪いながら急いで家を出ます。

ただでさえ私は乗り物に弱く、
電車でも座れないと酔うのですが、
今回はそれに寝不足がプラスされてそれはもう大変な事に…。
人としての尊厳をかろうじて保つことには成功したものの、
途中乗り換えの駅のベンチでしばらく動けなくなる、という体たらく。

その後は幸い、座れはしたのですが、
一度悪くなった気分はなかなか良くはならず、
危うい均衡を保ったままバスと電車を乗り継ぎかろうじて目的地へ。

入り口まで迎えに来た旦那に、せめてこれで美味しいものでも食べて帰りなさい、
と2千円握らされたのは良いのですが、
無理、何も喉を通らない、ていうかいま何か胃に入れたら帰り道に今度こそ
人間としての尊厳を失ってしまう…!

いやしかし、ここでただ帰るのもしゃくだし、
そもそもちょっと休憩しないとすぐバス乗る気にもなれないし…、
と、店内を散策した結果、
900円の文庫本を1冊と近所の店では取り扱っていない煎餅1000円分と
帰り道用の酔い止め600円とを購入。
赤字です。

で、帰り道、座れないのは想定内でしたが、
酔い止めもあまり効かず、
途中下車してベンチで休んだりしつつへろへろになって帰宅。

眠いのは勿論なんですが、
車内で大量にかいた脂汗に直撃する冷房のせいで、
喉がいやな感じに腫れているのが気になりつつもとりあえず仮眠。

夕飯食べたあとも、喉の腫れは変わらず、早めに就寝。

あけて日曜日。
ライダーの1話目見ようと思ってたことなどこれっぽっちも思い出せない感じの体調不良。

ちょうど台風も来ているとかで、
日曜日遅番(22時上がり)月曜日早番(8時入り)という日程の旦那に、
ホテルの予約を勧め、ひたすら寝ます。

途中で熱を計ったら38.9℃あったので
「いやー、扁桃腺腫らすと良い感じの熱が出るなー」
と、逆にちょっとテンション上がったりもしましたが、
夜になったら下がりました。
熱もテンションも。

そしてあけて月曜日、
のどがまだちょっと痛くて咳が出て、ちょっと頭痛がする以外は
概ね良くなったかなって。

肝心の台風ですが、
すごい音がしてるなーって思った記憶はちょっぴりあるんですが
ほとんど寝ていたので、どんな感じだったやら…。

そんな感じで、色々な意味でひどい週末でした。
夜更かしダメ、絶対。

未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。