--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/09/23

終わったー

(今日のは長いよ)

ほぼ一ヶ月かけて、
『剣の街の異邦人』1周目エンディング到達!

やー、みっちりやっちゃったね。
プレイ時間的にはおよそ100時間なので、
概ね、私がアトラス系のゲームの1周目にかける時間と同じくらい、
といった感じでしょうか。

マップの難易度も(アトラスのに比べれば)大分低いですし、
ダンジョンの数も敵の種類も決して多いとは言えなかったですが、
(ウィザードリィとしては多め…かも?)
装備品集めが楽しくて、ついついダンジョンに潜り続ける日々でした。

装備品は、種類自体もそこそこあるのですが、
自分のレベルが上がっていくにつれ、
それぞれの装備品にランダムでつく修正値も上がっていくので、
「ミスリルアーマー+30」とかね、狙いたくなるじゃない?

しかも、アーティファクトの類も例外ではなく、
生成自体は1個しかされないのですが、
特別な条件でそれを捨てる事によって、再生成のチャンスが生まれるので、
「村正+30」とかも可能なのですよ、まだ村正自体見た事無いけど。

で、ついついレベルが上がる…と。

どのキャラも転職を経験してるので、単純な目安にしかなりませんけども、
ラスボス(多分表の)を倒した段階で、レベルが36~42くらい、でした。
ラスボスにはあんまり苦労しなかったので、ちょっと上げすぎた…かな…。


当然難易度はノーマル、といってもノーマルとイージーの2種類しかないようですが。
体感難易度は、そこそこ歯応えがあったかな…?くらいでしょうか。

もちろん気を抜いたらすぐ死にそうではあるのですが、
死んだら即ロストは無いものの、ちょっと色々めんどくさいので慎重なプレイを心がけたら、
リセットとか無しでも、結局ほとんど死ななかったですね。
難易度はもう1段階上があってもいいような、さすがにそれはきついような…。


クリア時のPT構成はこんな感じ

前衛
Lv38ニンジャ(ヒューマン)
転職履歴 Lv28ナイト→Lv14ダンサー→Lv13サムライ→Lv38ニンジャ

Lv42ナイト(ドワーフ)
転職履歴 Lv13ファイター→Lv15ニンジャ→Lv13サムライ→Lv42ナイト

Lv38サムライ(ネイ)
転職履歴 Lv15ニンジャ→Lv15レンジャー→Lv23ダンサー→Lv13ファイター
→Lv15ナイト→Lv38サムライ


後衛
Lv38ダンサー(ネイ)
転職履歴 Lv28レンジャー→Lv14ファイター→Lv15ニンジャ→Lv13サムライ
→Lv38ダンサー

Lv36クレリック(エルフ)
転職履歴 Lv30ウィザード→Lv21ナイト→Lv13ダンサー→Lv36クレリック

Lv36ウィザード(ミグミィ)
転職履歴 Lv30クレリック→Lv21ナイト→Lv13ダンサー→Lv36ウィザード



で、
非常に楽しめたのですが、多少の不満点も…。

職業がちょっと少ないよね…?

転職をした後、転職前の職業のスキルを使うことが出来るようになるのですが、
使えるスキルの数に制限はあるものの、選択のやり直しは可能なので、
相手に応じて、有用なスキルを選択した結果、
どのキャラも個性が薄くなって来ちゃうかなぁ、と…。

特に、スペルユーザーはそれが顕著で、
そもそも、クレリックとウィザードしかスペルユーザーいないんですが、
状態異常回復なんかはアイテムで代用がききますし、
HP回復系とかは、戦士系が唱えても、ステータスの都合上あまり有用ではないので、
自然と、クレリックから転職したウィザード、とウィザードから転職したクレリック、
という組み合わせになるわけで。

で、現在のレベルとの関係もあるのですが、
現状、その二人ともが知性のステータスと信仰のステータスが同じくらいなので、
どっちが何唱えても大して変わらないって言うね…。
もちろん片方しか唱えられない呪文もいっぱいあるわけですが、
良く使うスペルはそんなに種類があるわけでなし、
重ねがけしたい補助魔法は当然2人とも使えるようにしてあるし…。

今後、レベルが上がってステータスに変化が出てきたら変わってくる、とは思うのですが…。


戦士系も同様で、
付け替えられるスキルの中には、装備系のスキルもあるので、
ニンジャやサムライが重鎧に斧もって特攻、というのも可能です。

そりゃ、ニンジャは薄着がモットーだとは思うんですけども、
このゲーム、とにかく蘇生の手段に乏しくて、
スペルでの蘇生は無し、アイテムでの蘇生は可能だけども、
ストーリークリアするまでの段階で入手できた蘇生アイテムは多分10個以内…、
死んだままダンジョンから連れ帰るって言っても、即時脱出できる手段も非常に乏しいという。

そんな状態で、当たったら死ぬかも?
みたいな装備してられないじゃないですか!

とか思ってると、自然、装備もスキルも似たり寄ったりになってしまう、という結果に。

いや、一応それを避けるためにも、あくまでもニンジャにはニンジャらしい武器、
サムライにはサムライらしい武器とスキルをつけてはいますけども。
強さを優先してキャラメイクしたら、前衛3人とも似た感じになっちゃいそうかなぁ、と。

あと、ダンサーはこれっぽっちも踊ってないのもちょっと不満かな!
もっとこう、踊りまくってバフデバフをかけるのがダンサーだと思ってたのに…。
スキルで弓装備させて、レンジャー系のスキルばっかり使って、
ダンサーからレンジャーってルートにしておけばよかった…!


まぁ、そんな感じで、多少の不満はあるものの、
大変楽しくプレイをいたしましたし、たいそう満足もしております。

さ、後は、エクストラダンジョン潜って、
飽きたら2周目と3周目で別ルートのエンディング見つつ
装備品集めに奔走しないと!

むしろこれからが本番?

ゲーム | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。