--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/06/13

あんまり読んでないけれど

ここ最近雨続きのせいか、
頭がいまいち回らず、読書もはかどらず、
図書館で借りた本も積みっぱなし。

日記サボってる間に、
感想書くべきだった面白い本とかもあったのですが、
読んでから時間経っちゃうとねー、書き難いですよねー。

ということで、
かろうじて読んだ1冊だけ。


・「エイリアン・テイスト」 ウェン・スペンサー


エイリアン・テイスト (ハヤカワ文庫SF)


「ティンカー」の人の処女作。

サボってる最中に「ようこそ女たちの王国へ」も読んだんですけども、
すごかったね。
設定聞いただけで、それなんてエロゲ・・・って思うくらいでしたね。
いや、突き抜けてて楽しめましたけども?

で、こちらは処女作だけあって、そういう突き抜け感はまだ薄い感じ。

ちょっと特殊な育ちとちょっと特殊な能力を持つ私立探偵の青年が巻き込まれる危機!
みたいな話なんですが、
表題通りエイリアンが絡んできたりして、割と壮大な感じに。

でも、事件が終っても、
え?これからどうなるの?アレはどういうことだったの?
的な謎はいっぱい残るわけですが、
残念ながら日本では本作しかまだ出版されていません・・・。

こちらのシリーズは少なくとも4冊くらい、ティンカーも少なくとももう1冊は
続編が出版されてるはずなのに!

日本でも続きを出してくれないかなー。
読書 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。