--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/11/27

充実

あぁ、skyrim超楽しい。

メインクエストを主軸にー、とか言ってましたが、
早速メインクエストをほったらかしたまま寄り道しまくり。

だって目の前にあるサブクエストをほったらかせないじゃない!

取りあえず念願の我が家を手に入れ、内装品も一通り購入したので、
コレで心置きなく冒険が出来るぞー、
くだらないもの収集しまくっても、置き場所に困ることはもう無いぞー。





・「零崎双識の人間試験」 「零崎軋識の人間ノック」 西尾維新

零崎双識の人間試験 (講談社ノベルス)   零崎軋識の人間ノック (講談社ノベルス)



まとめて。

月刊アフタヌーンで大分前から『人間試験』のコミカライズを連載しており、
それなりに面白く読んではいたのですが、
なんか話が前後しててちょっと分かりにくいのと、話がなかなか進まないのに業を煮やして
つい借りてきちゃった。

どうせなので、零崎シリーズ第二弾であるところの『人間ノック』の方もついでに。

登場人物は戯言シリーズの方と大分かぶってるんだと思いますが、
いかんせん読んだのがずいぶん前なので忘れちゃってるんですよね色々と、
あと、戯言シリーズ最後まで読んでないし、今度まとめて借りてこないとだなぁ、
と思いつつもう何年も経ってる気がします。
カウンターにまとめて出すのちょっと恥ずかしいんですよね。


内容の感想は、というと、
まぁ、ココまで突き抜けてると『僕が考えたかっこいい武器や必殺技』も、
いっそすがすがしいよね、とか
零崎さんの一賊は変態ばっかりだなぁ、とか。

本棚に揃ってるの見られたらちょっと恥ずかしいから、
おうちには置きたくはないんだけども、
自分の中の中学二年生のココロを適度に引っ張り出せてれば
さらっと読めるし結構楽しめますよね。

読書 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。