--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/04/20

おろそか

PSO2のCβが始まってしまったので、
1週間ほど色々おろそかになる予定。
読書とか工作とか・・・。


・「黒後家蜘蛛の会 4」 アイザック・アシモフ

黒後家蜘蛛の会 (4) (創元推理文庫 (167‐5))

図書館にある分を読み終わってしまい悲しみにくれます。

多かれ少なかれ、海外ミステリにはどうしてもあるとおもうのですけど、
やっぱり言語や文化、聖書等のその地域に置いては常識とされるであろう教養的知識が無いと、
翻訳を読んで楽しむことは出来ても、
謎解きに参加することは出来ないなぁ、と。

特にクリスティとかそういうイメージなんですけども、
このシリーズもそういう傾向が強いなぁ、と。

原書で読めたらいいんですけどね。
語彙や文法以外の知識も必要だから、
英語分かるだけでもダメなんですけどもね。

まぁ、日本語で読んでも十分面白いからいいですよ、ええ。
ヘンリーは、非知識人にも分かるような丁寧で簡単な説明をしてくれるから助かります。

読書 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。