--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/04/07

無い

・「黒後家蜘蛛の会 2・3」 アイザック・アシモフ

黒後家蜘蛛の会 2 (創元推理文庫 167-2)   黒後家蜘蛛の会 3 (創元推理文庫 167-3)


文句のつけようがなく面白かったです。
アシモフ本人のあとがきを含めて。

アシモフくらいになっても、この小説は載せられませんって
雑誌から原稿返されることがそれなりにあるんだなぁ、という辺りが
感心ポイントでしょうか。

で、重大な問題があるんですけども。
本には黒後家蜘蛛の会(既刊5冊)ってちゃんと書いてあるのに、
図書館の蔵書には4巻までしか無いというこの由々しき事態をどうすればいいのか。

自分で買うしかないかな、うん。
未分類 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
翻訳もいいですよね。あと1話だけ・・・と、ついつい読み進めてしまいます。5巻見直したら有栖川さんの解説ありました。もろファン目線で良かった。さあ買えw
(図書館でリクエストとか受け付けてないのかな?)
似た感じだと「ユニオンクラブ綺談」も面白いです。
No title
>faustさん
そうそう、翻訳も雰囲気があって良いんですよね。
リクエストもあるかもしれませんが、
どちらにしても買う方向で進めて行こうと思います。
取りあえず4巻は借りるけどね!

「ユニオンクラブ綺談」もタイトル見て気になってたんですが、
やっぱり面白いのですね。
コレも図書館には・・・。
買うしか・・・。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。