--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/02/11

忘れてた

昨日は日記に書くことがなかったのでなく、
純粋に忘れてました。
後で書こうー、と思ってそのまま夕飯とか食べて
気づいたら日付が変わってたので潔く諦めました。

ということで昨日書くつもりだった日記を今日書くよ。
決して今日の分の日記に書くことがないなんてことはないですよ。
日付など些細なことですよ。


・「遠回りする雛」 米澤穂信

遠まわりする雛

適当に借りてみたのですが、やってしまいました。
シリーズの、しかも4冊目くらいだった。

まぁ、さして支障はないです。
1冊目~3冊目は長編なんだと思いますが、
本作は短編集でしたし。

日常の謎に青春話がちょっと絡まった系なのですが、
日常の謎があまりに些細過ぎないかと。
日常って言っても限度があるだろう限度が、と、
チラッと思わないでもないです。

まぁ、普通の高校生がそんな日常的でない事件に巻き込まれるほうが
稀なのは事実ですが。

文章自体は好きです。

で、どうやら、
このシリーズ、『古典部シリーズ』というらしいですが、
シリーズ第一作の『氷菓』が4月から京アニでアニメ化とか。

京アニという時点で心底どうでもいいのですが、
一応一作目から読んでおくべきか・・・。
悩みどころ。

文章は好きなんだよ?




読書 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
米澤さんお気に入りです。
古典部シリーズの中では「愚者のエンドロール」が好みだけど、シリーズそのものはイマイチと思う。
確かに文章は読みやすいから気軽に読めるのは良い。
No title
>faustさん

faustさんからお勧めされて読んでみてますが
読みやすいのがいいですよね。
イマイチかなー、と思いつつ
するする読めるのでストレスにはならないです。
シリーズの他のも、読んでないと気になっちゃうから
多分読むと思います。


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。