--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/05/20

読書

2冊分

・「夢見る黄金地球儀」 海堂尊

夢見る黄金地球儀 (ミステリ・フロンティア)

ミステリフロンティアで海堂尊。
正直言っていまいち。
なんでだろう…。
面白く無いというわけではないのですが、
好みでなかった、としか…。
登場人物に共感を抱けなかったせい?
期待しすぎた?
バチスタシリーズは面白く読めたんですけどね。
ちょっと残念。



・「ゼウスの檻」 上田早夕里

ゼウスの檻

2作目。
ガチSFですね、これも。
大変面白く読みました。
物語的なことを言えば、1作目のほうが好みではありましたが、
こちらの方が、世界観の構築とか世界観への引き込み方とかが
大分上手な印象を受けました。
次も楽しみ。
読書 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
いまさらですが
「火星~」は機会あれば、文庫版もぜひ。
解説にもありますが、主人公が「大人」で、すごく良くなってます(ネタバレとなってたら申し訳ない)
>faustさん
上田さんも「買ってもいいリスト」に入ってるので、見かけたら是非。
楽しみにしときます。
何を勘違いしたのか「ゼウス~」の方に書いてしまってますね。紛らわしくて、すみません。
どうでもいいけど上田さんのブログは縦書きで読みにくいwではまた。
>faustさん
言われるまで気がつかなかったw
縦書きブログとはまたレアな感じですね…

管理者のみに表示
« 落差 | HOME | もやし »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。