--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/01/20

初雪

降ってました。
朝方には、田んぼは真っ白、車も真っ白
道路にもうっすら、位の積もりっぷりでしたが、
昼には車の上以外は溶けてました。

さすが関東。
かわいいもんだよね。

でもさっむいけどね!!


・「怪盗紳士ルパン」 モーリス・ルブラン

怪盗紳士ルパン (ハヤカワ文庫 HM)

こないだ『インシテミル』読んだときに、
小学生の頃ルパンシリーズ好きだったのを思い出して懐かしくなったので
借りてしまいました。



怪盗紳士―怪盗ルパン全集 (ポプラ文庫クラシック)


確か昔読んでたのは、こういうカラーリングの装丁だった記憶がありますね。
ハードカバーの。
この画像のは文庫本らしいですけども。

懐かしいなぁ。
図書室に並んでたのを片っ端から借りた記憶が。

中身はちっとも覚えてなかったんですけども、
今回借りて来たの読んで、
読んだ記憶がある!とは思わなかったものの、
あぁ、こんな感じだったよなぁ、という記憶は多少蘇ったような気も。

最初からルパンという登場人物が出てくるわけではなく、
途中で、この人が実はルパンだったんですよ!という系統の話が多かった気がするのですが。

今思えば多分、いや、この人以外いないでしょルパン、という
他愛も無い隠し方だったのでしょうが、
「きっとこの人がルパンに違いないよ」と思いながら読み進めて
「やっぱり当たってた!!」という流れが、
子供心に楽しかったんだよなぁ、と。

ミステリ好きの素地を養ってくれたのかもしれません。ルパン。


読書 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 辛口 | HOME | 辛目のグルメ »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。