--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/01/05

深夜のグルメ

年末でしたでしょうか。

「なんか、『孤独のグルメ』実写ドラマ化するらしいよ?」という話をチャットで聞き、
誰がゴローちゃんやるんだろうね、とか、
10分枠くらいで、ただ食べるだけのドラマとかだと斬新なのにね、
などという会話を交わしたような交わさなかったような、
年末の喧騒に紛れそんな記憶も遠い彼方に過ぎ去っていた昨日。

日付も変わり、明日はちょっと早起きだしそろそろ寝ようかしらとか考えていたら、
TVの番組表を見ていた旦那が
「孤独のグルメ?え?何これ?ドラマ??」
とか言い出すのです。

番組表には確かに、『孤独のグルメ』の文字が。
あと15分で始まる!!

ドラマ化の話を教えてくれた友人と丁度チャット中だった私は
すぐさま、相手にもその旨を伝えます。
当然のように忘れていた友人と、早速視聴体制に。

「見ててお腹がすいても何か食べてしまわないように歯を磨いてきました。」
と、用意周到な友人。
煎餅の在庫を確認するダメな私。


ドラマの前半パートは、
貿易商ゴローちゃんの日常、みたいな感じで、
お客さんと商談をしたり、輸入雑貨屋をチラ見したり、
付近を散歩したり。

なんかちょっとゴローちゃんおっさん過ぎない?とか
なんか貧相に見えるよね、とか
この辺長くない?もっとこう、早く食べ物をさ!とか、
微妙に批判をする私たちでしたが、
後半パートに入って、
ゴローちゃんが居酒屋に入ってからは、もう・・・。

うわああああああああ!とか、
ビールもってこいビール!!とか、
いや日本酒だ日本酒!!!とか、
酒は良いからつくね!!!とか、

もうリアルでもチャットでもそんな会話ばかり。

なんていうかもうね、旨そうなんですよ、ひたすら。
深夜だからってのを割り引いても、
料理そのものもおいしそうですし、
それを心の中でモノローグ入れながら、淡々と、しかしがつがつと食べる
ゴローちゃん役の役者さんの食べ方も、
もうすごくおいしそう。

前半の微妙な批判もすっかり忘れ、
ウン、いいドラマだった!という結論に達し、
友人は、明日の仕事帰りにツクネとピーマンを買ってくることを、
私は、明日の昼食に焼き飯を作って食べることを誓い、
空腹にもだえながら床につきました。

いや、いいドラマだったと思うけどさ、
深夜にあんなの流すのはもう一種のテロだと思うのね。
せめて金曜深夜に!!



未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。