--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/12/19

小説

・「小説あります」 門井慶喜

小説あります

廃止されそうな文学館を救うべく、一人の職員がある小説家のサイン本の謎を解きつつ、
人は何故小説を読むのか、についての答えを探す物語。

何故読むのか、って言われてもねぇ・・・。
壮大すぎるし、人によっても違うだろうし、
理由を相対化しようとするのはナンセンスだと思うのですが。

そんな感じで、テーマそのものに共感できなかったせいか
あまり楽しめず。
残念。


読書 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
あらら。私も今日読んでました。
「お探しの本は」は良かったんですけどね。
No title
>faustさん
なんというタイミング。
「お探しの本は」の方が面白かったですよね。
元々の作りが地味なだけに、
テーマがちょっとなぁ、と思ってしまうとそれだけで
評価が下がってしまうのかも知れません。
地味なのが良いところなのですが。

管理者のみに表示
« 最終回 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。