--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/11/22

焦げ焦げ

昼間から心をこめて煮込んだカレー。
手羽元をいっぱい入れて圧力鍋で柔らかく煮込んだカレー。

味を落ち着かせるために一旦冷ましておいたものを夕飯前に温めて、
美味しくいただいて、
いっぱい作ったから取り合えず明日もカレーね♪

って思ってたのに・・・。
温めてた火を消し忘れるという痛恨のミスを・・・。

なんかちょっと焦げ臭いわね・・・と思ったときにはもう・・・。
カレー臭が家中に充満してたから気づくのが遅れて・・・。



カレーはまぁ、すごく勿体無いけども、少なくとも夕食には食べたから良いとしても、
鍋が!鍋が!!!
家にある中で一番お高い圧力鍋が!!

こりゃあもうダメかもなぁ、というレベルに焦げ付いていたのですが、
どうせダメならダメもとで出来るだけ頑張ってみよう、
と決心して三日。

一日目、酢水を入れて一晩放置。
二日目、取れる部分だけ焦げを取って、水と重曹を入れてしばらく煮込んだ後一晩放置。
三日目、ひたすらこする。

という努力の結果、何とかリカバリーに成功しました。
良かった・・・圧力鍋が無事で本当によかった・・・。

いやもう本当に気をつけよう、と。
普段から気をつけてるつもりだったけどもっと気をつけよう、と。
心から思いました。


ちなみに。
焦げまくったカレーを見て、一瞬「ムドオンカレー」という単語が頭をよぎったのですが、
コレを食卓に供するのは、私の勇気パラメーターがいささか足りませんでした。

無慈悲な風味だけがデタラメに口に溢れたのでしょうか・・・。

未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« ひよる | HOME | 痒い »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。