--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/11/13

順調?

俺屍。

双子のキリングマシーンが出来た勢いで
前半部分のボスに突っ込んでみたら討伐成功。

したのはいいんだけども、
まだ他のダンジョン奥のボス一度も倒してない・・・みたいな状況だったんで
双子が引退した今、後半部分の序盤がきつくてきつくて・・・。

俺屍はRPGの皮をかぶったダビスタ、
とどなたかが言っておりましたが、
まさにそんな感じ。

楽しいです。



・「天地明察」 冲方丁

天地明察

江戸時代、正確な暦を作るために尽力した渋川春海の半生を描いた時代劇物。

そもそも、本作が本屋大賞かなんか受賞した時に、
試しに読んで見よう、と思って図書館に行ったのに、さすがに貸し出し中で、
じゃあ代わりにって借りてきたのが「マルドゥック・スクランブル」で。

そっちが衝撃だったので、こちらのちょっと地味そうな本に中々手が伸びなかったのですが、
しばらく前から漫画化されたものがアフタヌーンで連載されていて
それがとても面白かったのでやっと読むに至ったわけで。

いや、地味なのは地味なので嫌いじゃないんですけども、
「マルドゥック~」がラノベ気味の派手なSFだったんで、ギャップがね。

でもすっごい面白かった。
地味なのに。

「マルドゥック~」が、ちょっと他人にはお勧めしにくい、というか
お勧めしてみた友人の間でも、面白い人と受け付けない人で二分されるような
癖のあるものだったのに対し、
こちらは全然癖がなくてお勧めしやすい感じ。

映画化とかしやすそうなんじゃないの?
と思ったらもう案の定作り始めてるみたいですね。
映画自体には興味はあまり持てませんけども、
丁寧に作ってくれるといいなぁ。

漫画版は面白いですよ、まだ話全然進んでませんけども。


読書 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。