--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/11/12

深夜に

昨日のP4もひどかったね!(褒め言葉)
来週はもっとひどそうです。


我が家には録画機器の類がないので、
P4が始まるまで眠い目をこすりつつ起きているのですが、
30分見てると目が覚めてしまい、すぐには寝つけないので
流れで「輪るピングドラム」も見てしまいます。

が、途中から見てもさっぱり分からないね・・・。
何故か中身を把握している旦那の説明を聞きながら見るのですが、
そもそも登場人物の名前を覚えられない始末。

5回くらい連続で見てそろそろ分かってきたような分かってないような・・・。
OPは好き。


・「死の教訓」 ジェフリー・ディーヴァー

死の教訓(上) (講談社文庫) 死の教訓(下) (講談社文庫)

ライムシリーズじゃないやつ。
ライムシリーズより以前に書かれたものらしく、
そういわれればちょっと読みにくいかもなぁ、と思うものの
筋立てとかは、あぁ、同じ人の本だなぁ、と。

登場人物の名前が覚えにくくて途中少々混乱しましたが、
それなりに面白く読めました。
読書 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。