--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/06/18

介護とか

近所に住んでる独居の親戚の痴呆が進んだりとか。
同居してる祖母(2人いる)うちの一人が入院手術とか。
実家方面が色々大変そうです。

私が手伝いに戻るほどではない、らしいのですが、
介護関係はどうしたって今後自分の身にも降りかかってくる問題ですし、
色々考えたり覚悟したりしておかないとなぁ…と。


でも本は読むよ。


・「パラドックス実践 雄弁学園の教師たち」 門井慶喜

パラドックス実践 雄弁学園の教師たち

小難しい感じ、というかはったりの効いたタイトルではありますが、
中身はそんなでもなく。
弁論だのディベートだのの教育を重点的に行う学園で起きる
ミステリの短編集。

殺人だの犯罪だのという分かりやすい事件が起きるわけでもなく、
比較的のんびりとした話が多く、面白く読めたのですが。

こんな学校には生徒としても職員としても関わりたくないなー。
読書 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
isamiさんの感想通りでしたね。この作家さんは結構好き。
No title
いつの間にコメント欄にもタイトルつくようになったのか…。

>faustさん
門井さん、少々地味ですけども面白いですよね。
ちょっと、柄刀さんを思い出させます。

管理者のみに表示
« 真夏日 | HOME | やるせない »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。