--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/03/28

余震も大分少なくなってきましたし、
停電も大分頻度が減ってきましたし。

後は原発が落ち着いてくれれば…くれれば……。




・「アークエンジェル・プロトコル」 ライダ・モアハウス

アークエンジェル・プロトコル (ハヤカワ文庫SF)

SFでサイバーパンクでアメリカ私立探偵作家クラブ賞受賞作という、
もう何がなんだか。

こないだ読んだマルドゥック・スクランブルが面白かったので、
サイバーパンクもいけるかなって思って…。

やっぱりちょっと読みにくくて、読んでる最中はあんまり面白いと思わなかったのですが、
読み終わった後、一生懸命旦那に粗筋を説明してみたところ、
なんとなく面白かった気がしてきた。

さらっと読んだだけでは筋が分かりにくいんですよね、多分。
後、主人公とかの感情とかの描写にあまり重きを置いていない感じなので、
感情移入しにくいのかな、と。

ロマンが足らない!と旦那に申したところ、
サイバーパンクにロマンなんて無いですよ、と
それはそれで偏ってる感じの返答が返ってきました。

ロマンは必要だよ…。

読書 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
ルーディラッカー位しか読んでないなぁ。
マルドゥックは早川文庫の書棚見るたび気になるけど残念ながら未読です。ロマンといえば上田早夕里さんの新作お勧め。
>faustさん
マルドゥックはロマンたっぷりでした。

ルーディ・ラッカーは未読ですが、Wikiを見る限り敷居の高さを感じさせる感じで…。

上田さんの新作忘れてました!
分館のほうにあるっぽいので、
そのうち取り寄せてもらわねばです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。