--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/01/09

復路編

帰りの新幹線で読んだ本の感想など。


・「探偵ガリレオ」「予知夢」 東野圭吾

探偵ガリレオ (文春文庫) 予知夢 (文春文庫)

探偵ガリレオシリーズ。
事故現場に残された不思議な謎を物理学者が科学の力で解明する連作ミステリ。

「容疑者Xの献身」しか読んだことがなく、
他のをずっと読んでみたかったのですが、どこの図書館でもいつ行っても見当たらず。
しょうがないよね人気あるものね、特にこのシリーズは多分人気だよね…、
と諦めかけていたので、
コレを機に取りあえず2冊購入してしまいました。

この方は上手だし面白いとは思うのですが、
いまいちこう辛気臭い印象が強くて、
図書館であったら読むけど買うのはなー、と躊躇していたのですが、
コレは買って良かったかなと。
短編の連作なのがまたいいですね。
読みやすいし、必要以上に辛気臭くならないし。

残りのシリーズも機会があれば買おうかと。


読書 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 三日坊主 | HOME | 宛名書き »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。