--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/12/09

思い出したように本

すっかり放置気味でもう。
何をしているかというとUOとOverlordと編み物、でしょうか。
全く変わり映えがしません。

季節の移り変わりとか、あっという間です。
もうすっかり冬です。

ユニクロでヒートテック腹巻を買いました。
あったかいです。
ヒートテック靴下も買いました。
あったかくないです。
足が冷え冷え。


・「この国。」 石持浅海

この国。 (ミステリー・リーグ)

一党独裁制が敷かれた一見とても平和な『この国』に起きる事件のアレコレ。

時期的に、印象が『あの国』ともかぶりますし、
読み手書き手それぞれに多種多様な思惑も浮かぶのでしょうが
まぁ、そういうイデオロギー的なことはさておいて
普通に小説としての感想は、
「主人公かっこいい」

石持さんの小説の主人公は、
スペック的には高くてもどこかしら飄々としている感じで、
「かっこいい!!」ってのとちょっと違う気がするのですが、
本作の主人公はストレートにかっこいいなぁ、と。
重要なことですよ、ええ。



読書 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
この本は良かった。最後のあれを切り抜けてしまうと化物的になってしまうから仕方ないんですかねぇ。
個人的には切り抜けて欲しかったですけどね…。
化け物的になってしまうのもそうだし、
正義とは何ぞや、みたいなのも含めて、
作者としてはああせざるを得なかったのかなぁ、とか。

まぁ、切り抜けられようと切り抜けられまいと、主人公のかっこよさは揺るぎませんけどね!

管理者のみに表示
« 本とか | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。