--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/05/03

いまいち

しばらくの間封印してましたCIvilization4をうっかり開封してしまいました。
なんて恐ろしい…。
湯水のごとく時間が失われていく…。

自制したいです。
難しいですけども。
だって下手なら下手なりに面白いんですもの。




・「人魚とミノタウロス」 氷川透

人魚とミノタウロス (講談社ノベルス)

『氷川透』シリーズ。
んーー、結論からいうと微妙…。
本筋に関係なくはないんだけど、無ければ無いで構わないように思える登場人物の思考を、
回りくどく描写しているためか、
肝心のミステリ部分のイメージがどうにも希薄に感じられました。

冒頭で、『小説家』かつ『探偵』であることの苦悩、が描かれていましたが、
メタ的展開は好きでは無いので、書く側がどうか、ということはさておくにしても、
読む側にとっても、『小説家』がワトソン役を勤めていてくれた方が
安心して読める部分はあるよなぁ、と思います。
客観視されきっていない『探偵』の思考プロセスは
あえて隠されていた方が面白いのかなぁ、と。

読書 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 鶏ハム | HOME | 三月ウサギ »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。