--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/08/08

買った本とかも

相変わらず暑いです。
35度は余裕で超えてます。

世間はお盆休みというものにそろそろ突入したことを
ヤフーニュースのヘッドラインに気づかされました。
この夏は帰省しないので、どうでもいいです。
さっさと夏が終わってしまえばいい!


買った本

・「西巷説百物語」京極夏彦

西巷説百物語 (怪BOOKS)

お待ちかねの巷説シリーズの新刊。
夜9時過ぎに、新刊がもう発売済みなことに気づいて、
そのまま本屋にダッシュしたくらいお待ちかねでした。
隣の隣の建物が本屋ってステキ!

本当にお待ちかねだったら、発売前から発売日くらいチェックしていて然るべき、
という指摘はスルーの方向で。

「西の」というだけあって、舞台は上方。
今回の主人公は又市さんではなく、
又市さんの上方時代と「前巷説百物語」での相方、靄舟の林蔵さんです。

もう時系列もわかんなくなってきちゃったよ…という私のような読者のために、
各エピソードを年代順に並べた『巷説年表』のついた小冊子が挟まっているという
親切設計。

それによると、この「西巷説百物語」に収録されたエピソードは、
概ね、「巷説百物語」と「続巷説百物語」に収録されたものとほぼ同年か
少し後のお話、のようです。

又市さんとは遣り口に多少違いがあるものの、
口と少しの演出で丸め込むことは変わらず。
十分に楽しめました。

又市さんもちょっぴり出てきており、
「前巷説百物語」の前に、上方で何かがあって2人で江戸に逃げてきた事件、について
触れられてもいたので、
次回作はそっちのエピソードをやってくれるのかなー、と思ってみたり。

京極作品の中でも一番好きなシリーズなので、
刊行はのんびりでもいいから、なるべく終わって欲しくないですね。

読書 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 忘れてた | HOME | 猛暑 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。