--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/06/26

梅雨らしいお天気。
低気圧だと頭がいたいのです。
部屋も蒸しますし。
雨は大事だけど梅雨はコレがあるからなー…。


・「壁抜け男の謎」 有栖川有栖

壁抜け男の謎

ノンシリーズの短編集。
アンソロとか雑誌の企画で書いたものとか、
そういったものの寄せ集めらしく、カオスです。

犯人当てミステリだったり、SFだったり、ホラーだったり、官能小説(自称)だったり。


・「このどしゃぶりに日向小町は」 鳥飼否宇

このどしゃぶりに日向小町は (ハヤカワ・ミステリワールド)

どの作品かの続編…だと思ったんですが、その作品名がどうしても思い出せなく。
グーグル先生にお伺いを立てたところ、
「痙攣的」の中の「廃墟と青空」の続編だったようです。
題名聞いても中身思い出せませんけど…。

鳥飼さんといえば、どれを読んでも何かしら、
「わぁ、裏切られた」という印象が与えられるのですが、
本書もある意味裏切られたというか何というか。

こういうのも書くんだ・・・みたいな。
タイトルは純文学っぽくて結構素敵なんですけどねぇ。
けどねぇ…。

ちょっとコレは苦手かも知れません。
読書 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« どらくえ | HOME | にわか »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。