--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/04/20

外がうるさい…

選挙があるようなので外がうるさいです。
うちはまだ引越ししてから1ヶ月で投票権が無く無関係なので
余計にやかましく感じます。

引っ越してばっかりだと、こういう「自分には関係ない選挙」が
増えちゃうのがどうにもなぁ…。



・「クロック城殺人事件」 北山猛邦

『クロック城』殺人事件 (講談社ノベルス)

前回「踊るジョーカー」が割と気に入ったので試しに借りてみたところ、入れ違いで
『これはいまいちだった』とのコメントいただきました。

うん、確かにいまいちだった…。

なんというかこう、オブラートに包んで言うならば、
中学生が好きそうな設定…?

そういうのはそういうので、うまく書けてれば嫌いじゃないんですけども、
ミステリが書きたいのかそういうのが書きたいのか
どっちも中途半端で出来上がりも中途半端、といったイメージ。

ちょっと残念ではありましたが、
「踊るジョーカー」の方は面白かったんで、
まぁ、そういう作品もあるさ、ということで。



・「黒い仏」 殊能将之

黒い仏 (講談社ノベルス)

前の図書館に無かったんですよね。
ずっと読んでみたかったのに見つからなかった本が
新しい図書館で見つかるのは嬉しいです。

こういうものだと思えば面白い、かな。
アントニオさん何者なんですか、一体…
という疑問ばかりが先にたって、肝心の内容についての感想を
あまり良く覚えていないのが正直なところです。

「ハサミ男」は格段に面白かったと思うのですが、
最近作品の発表自体も無い様子…。
石動さんシリーズじゃなくてもいいので、また何か書いて欲しいなぁ…。

読書 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
「黒い仏」反応に困るよねw
あれは最後の数行で???となるのを楽しむ小説ということで。
>faustさん

ですよねー。
そう持ってきたか……、と思いました。
あの風呂敷のたたまなさっぷりが
ある意味すがすがしかったです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。