--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/04/29

深海

試しに、本の紹介のところに画像とAmazonリンク張ってみました。
アフィリエイトじゃないです多分、何の手続きもしてないですし。
純粋に、本の紹介は画像があった方が親切だよね、ってことで。
主に自分のために、です。
だって画像があれば、どんな本だったか少しは思い出しやすくなるもの…。
そんな言い訳しなくても、アフィリエイトで小銭稼げるほど閲覧者なんていないですけどね。

色々四苦八苦してみて、なんとか画像を並べて表示することと、
余計な文字が入らないようにすることには成功したのですが、
私の技術力では、いまいち思ったとおりに配置されません。
後で暇があったらまた直します。

:追記
なるべく直してみました、過去記事にも貼り付けてみました。
で、ずらっと見てると、やっぱり背景は白じゃない方が…とか、
もうちょっとレイアウトを…とか、色々不満が出てくるので
またしばらくいじるかもしれません。
HTMLとかさっぱりわからないんですよ!



・「深海のYrr 上・中・下」 フランク・シェッツィング
深海のYrr 〈上〉  (ハヤカワ文庫 NV シ 25-1)深海のYrr 〈中〉  (ハヤカワ文庫 NV シ 25-2)深海のYrr 〈下〉  (ハヤカワ文庫 NV シ 25-3)

文庫本で合計1500ページ越えの大作でした。
タイトルが気に入ったので購入しようかと迷っていた作品。
迷ってるうちに引っ越してこちらの図書館にはあったわけで。
探している作品が蔵書にある喜び。

深海怖い、超怖い。
宇宙よりは深海の方がすきなんですけれども、
深海の生物とかとてもロマンを感じるんですけれども、
宇宙か深海か、安全に探検できるならどちらを選ぶ?
と聞かれたら確実に深海なんですけれども、
でも深海怖い。

ものすごく大雑把にまとめてしまえば、
ハリウッド映画によくあるディザスター大作のノリと展開なんですが、
長くて登場人物が多くてごちゃごちゃしてる割には面白く読めました。
がちがちのキリスト教圏の人たちがコレを読んで感じる
恐怖や嫌悪感は日本人にはいまいちわからないんだろうなぁと思うと
ちょっと残念なようなそれが面白いような。

読書 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 頑張った… | HOME | 火星 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。