--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/01/31

返す前にまとめて。

・「犬坊里美の冒険」 島田荘司

犬坊里美の冒険 (カッパ・ノベルス)

犬坊里美って確か別の事件の関係者だった人で、
石岡さんに執着されてた人、でしたっけ。
良く覚えてないのですが・・・。
これは色々と酷かったです、ええ。
特に犬坊さんが。
全般的に犬坊さんが。
好きになれないなぁ。


・「チャンネルファンタズモ」 加藤実秋

チャンネルファンタズモ

メジャーどころの報道にいた主人公が弱小ローカルTV局に転職、
その先でさまざまな事件を解決し…。

感想としては可もなく不可もなく。
読んでて普通に面白いし、
登場人物やストーリーに不快感を覚えることも無いので、
軽めのものが読みたいときに安心して読めるのですが、
こう、もう一押し、と言うか。
いやでも、こういうアクの弱いものも欲しいし。


・「ヨコハマB-side」 加藤実秋

ヨコハマB-side

横浜市内の広場に集う様々な人々を巡る事件を描いた短編集、
というところでしょうか。
やっぱり可もなく不可もなくという印象ではあるのですが、
でも、こちらの方が面白かったかな。

読書 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 退院 | HOME | きゃべつ »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。