--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/01/11

・「耳をふさいで夜を走る」 石持浅海

耳をふさいで夜を走る

久しぶりに血なまぐさい感じの。
というか、今までに無く血なまぐさい感じのミステリ。
この人にしては珍しいですよね。

石持さんの著作は、和気藹々とした短編物をいくつか続けて読んでいたので、
そろそろ『扉は閉ざされたまま』風なのも読みたい、と、
前回の感想には書いた覚えがあるので、一応望みどおり、でしょうか。

倒除法、っていうんでしたっけ、犯人の視点から描写されるタイプのミステリで、
面白かったは面白かったんですが、
『扉は閉ざされたまま』の方は、犯人が殺人計画を練りに練って…という感じの話だったのに対し、
こちらは行きがかり上仕方がないとはいえ、
行き当たりばったり的な感じがスマートさに欠ける気がして…。

そう、きっと「スマートな犯人」モノ(最終的には……だとしても)を読みたかったんだなぁ…。

面白くはありましたけど、『扉は閉ざされたまま』の方が良かったかなぁ。
いやでも、またこういうのも書いて欲しいです。
勿論、比較的のんびりとした短編の方も、ですけれども。
読書 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 寒波其の二 | HOME | 重い »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。