--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/12/06

白菜鍋

昨日の夕飯は白菜鍋でした。いわゆる扁炉というやつです。

干し椎茸のだしに白菜と鶏肉豚バラ春雨を入れるだけ、という
シンプルなお鍋。

実は前に一度作ったことがあるんですが、
美味しいけど、そんなに感激するほどでもないなぁ…、
というくらいの微妙な結果に終わってまして。

今回おいしい白菜をいただいたので再チャレンジ。

せっかくなので基本に忠実に作ります。

まずたっぷりの干し椎茸を前の晩から水につけてじっくり戻します。
次の日、いい感じに部屋中が干し椎茸くさく。

後は弱火で、白菜の堅いとこ、鶏肉豚肉、白菜の葉っぱのとこ、春雨の順で煮て
最後にごま油を入れればOK。

各自取り分けて味付けは自分で。
基本は塩と七味か一味らしいので、
塩も普段使ってるのより大分お高い岩塩を買ってきてみました。

後、おまけに桃屋の『辛そうで辛くない少し辛いラー油』も。
このラー油、ラー油の中に唐辛子やらフライドガーリックやらフライドオニオンやら、
その他調味料がそのまま漬かっているのですが、
中身の見た目は油分1対調味料9位の割合でしょうか。
調味料が具材としていいお味を出しているので、
普通にラー油としてだけでなくサラダのドレッシングや漬物などに使ってもおいしいのです。
むしろこれがあったから、白菜鍋に再チャレンジしてみた、といっても過言ではありません。

で、食べてみました。
まずは塩だけ、次に七味をいれて、後でラー油も混ぜて。

凄くおいしかったです。
やっぱりちゃんと作るのは大事ですね。
後、良い塩も多分大事ですね。

ラー油はさすがに入れすぎるとしつこいですが、
春雨と絡まったところなんかはたまりません。

次の日の朝、雑炊も作りましたが、
これもうまし。

是非また作ろうと思いました。
やっぱり冬は鍋です。
鍋のバリエーションはいっぱいあるに越したことはないよね。
料理 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。