--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/09/28

・「復活の日」 小松左京

復活の日 (ハルキ文庫)

またもや、いまさら感漂う古典名作。
「日本沈没」は割と子供のころ読んだ記憶があるのですが、
中身は良く覚えてません、多分怖かった。
もう一度読まないとなー。

こちらも、さすがに読ませますね。
私が生まれる前の著作ですけど、
今読んでもぜんぜん遜色ないどころか、
時節柄、怖さに臨場感がありました。
そういう意味では今こそ読むべきですよね、
そしてせめて己の健康に気を遣うといい。

文句なしに面白かったです。

読書 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。