--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/09/25

忘れてた

感想書くの忘れてた一冊。

・「ねじの回転」 ヘンリー・ジェイムズ

ねじの回転 (新潮文庫)

恩田陸じゃないほう。
多分こっちの方が有名なんでしょうが、
恩田陸のほうから知ったのでどうしてもそういう印象に。

心霊小説傑作選。
スティーブン・キングも賞賛!
とか書いてあったので、
どんだけ怖いんだ、と
少々びくびくしながら読んでみたのですが、
直接的な怖さはあまりない感じ。

難解というか曖昧というか、
どうとでもできる解釈が怖い感じ、でしょうか。
身の毛もよだつ、ではなく、ぞっとする、的な。

あまりものを考えながら読むタイプではないので、
いまいち怖さを感じられなかったです。
面白かったけど。
読書 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 電報 | HOME | しいたけ »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。