--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/04/15

読みました

本の感想など。

・「美濃牛」 殊能将之

美濃牛 (講談社ノベルス)

2作目。
横溝っぽーーーい(概ね褒め言葉です)。
「ハサミ男」とは大分イメージが違う感じで、
コレはコレでよかったです。
個人的には「ハサミ男」の方が楽しめましたけど、
これも出来たら購入しようかなぁ、と。
この作家さんは前回の「ハサミ男」が初見だったかと思っていたんですが、
探偵役の人の名前に見覚えがあったんで、
多分どれか一作は読んでる…と思います。
これっぽっちも思い出せませんけれども。


・「真っ暗な夜明け」 氷川透

真っ暗な夜明け (講談社ノベルス)

コレは確実に一度読んでるはず…。
デビュー作だったようです。
粗、というか、節々に納得行かない点も無いわけではないのですが、
まぁ、デビュー作だしね、ということで。
その後の著作が面白かったので良いです。


相変わらず、読んだ本を綺麗さっぱり忘れてるなぁ・・・。
何度も楽しめるんでいいんですけれどもね。
読書 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。