--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/08/07

出せば良いというものでは…



・「吹雪の山荘」 笠井潔 岩崎正吾 北村薫 若竹七海 法月綸太郎 巽昌章

吹雪の山荘―赤い死の影の下に (創元クライム・クラブ)

てっきり『吹雪の山荘ものアンソロジー』だと思って借りたのですが、
『吹雪の山荘ものリレー小説』でした。

リレー小説って読むの初めてかもしれません。

法月綸太郎とか有栖川有栖(学生)とか若竹七海とか矢吹駆とか出てきます。
豪華キャストです。
探偵だらけです。
有栖川、キャラが出てるのに本人執筆してませんけど…。

感想は…なんというか…カオス…。
普通の小説だと思って読むとアレですけども、
交代間際の無茶振りとか、強引な軌道修正とかは
ちょっと面白かったです。
というか、執筆陣全員の後書きが一番面白かったかもしれません。

知らないキャラクターもいたので、
全員知ってればもうちょっと楽しめたのかなーと思わないでもないですが。

まぁ、たまにはこんなのもいいんじゃないでしょうか。
たまになら……。
読書 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 一日一タワシ | HOME | カー »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。