--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/07/27

取りあえず2冊。


・「あなたがいない島」 石崎幸二

あなたがいない島―本格のびっくり箱 (講談社ノベルス)

軽い感じです。今回はあまりいい意味でなく。
話もさることながら、登場人物がちょっと性に合わないので
残念ながら私にはちょっと…。

孤島モノ大好きですけど、
孤島なら何でもいいってわけじゃさすがにないんですよ、ええ。



・「賢者の贈り物」 石持浅海

賢者の贈り物

久しぶりの石持さん。
謎の女性磯風さんの周囲に起こる事件を描いた短編集。
磯風さんが何人いるかは分かりません。

軽い、というかあっさりしてる感じで、読みやすかったです。
こちらはいい意味で。

でも石持さんなら、もうちょっとがっつりした事件の話も読みたい。



読書 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
石崎さんは、これでいいんですよw
石持さんは「耳をふさいで夜を走る」というのがエグイです。
勿論これはこれでいいんですけれども!
「扉は閉ざされたまま」のシリーズ(?)読みたいなぁって…。

エグイ方も探してみますw

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。