--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/10/06

水周りとか

新居の水周りトラブルですがやっと方向性が見えてきた、
とか言っちゃうと、
9/21付けで、目処がつきそうとか書いておいて、現状解決してないわけで、
ここでそんなこというと、またそれは解決しないフラグになっちゃうんじゃないかと思うのですが。

それでも、ちょっと落ち着いて日記に書く余裕も出てきまして。
記録目的半分愚痴半分の私的メモですので、読んでもつまらないです。覚え書きです。
ご容赦を。



9/19(木)
引越し当日、ドアを開けてすぐ、床があまりに汚かったので拭き掃除をしようと
台所の水道をひねる。
最初からついてたチャチな浄水機が完全に目詰まりを起こしていて、
蛇口の根本とかあちこちから水が噴出したので、浄水器を取り外す。
大家に挨拶しようと訪問するも留守。

物件の管理は大家がしていることと、
今までの大家さんはつい先日亡くなったことを不動産屋から聞く。


9/20(金)
洗濯機を使おうとしたところ、蛇口の根本から真上に水が噴き出る。
ちょっと落ち着いたし冷茶でも作るか、とポットに水を汲んだところ、
真っ黒な小さい塊が無数に浮いているのを発見。
取りあえず30分ほど水を出しっぱなしにしてみるが改善は見られず。
風呂の水道も同様にゴミだらけ。

取りあえず洗濯ができないと困るため、洗濯機の蛇口部分だけは、
こちらで水道屋を呼んで修理を依頼。
水道屋に聞いてみたところ、ゴミの方は配管が関係するかもしれないため、
どちらにしても大家さんを通した方がいい、とのこと。

大家らしき人物を見かけるも、車を置いたまま出かけてしまい、挨拶できず。


9/21(土)
朝9時ごろ、大家宅を訪問、ご挨拶と水道がおかしい旨伝えると、
水道屋を入れてくれるとの約束。


9/28(土)
1週間何処からも何の連絡も無いが、大家とも連絡がつかないため不動産屋に連絡。
状況を説明したところ、
「本来は大家の管轄だが仲介した責任もあるため、こちらでも調査します」とのこと。

1時間ほどで作業員が到着、
「蛇口根元の管が腐食しているのとパッキンが劣化しているため、そのゴミが出ている。
先日、他の空き室を調べたが水道管には問題なかった。
部品が無いので、水道屋をこちらで手配する。」
とのこと。

(あくまでも調べたのは『他の空き室の水道管』らしい)

その後電話があり、10/1に水道屋の手配をしたとのこと。



10/1(火)
約束の時間から3時間遅れて水道屋到着。
しかも、こちらの状況を何一つ把握しておらず、部品も足りないとのこと。
水道屋が不動産屋に連絡するも、
「担当の名前が分からないので状況が分かりません」と言われたらしい。
担当者の名刺等はこちらも受け取っておらず不明のまま、
蛇口の根元の腐食とパッキンの劣化と言われた旨を伝え、交換をしてもらう。

台所部分の蛇口とパッキンの交換の後、風呂場部分もパッキンのみ交換。
水を貯めて確認していたようだが、後ろで見ていた私には良く見えず、
何度か水を貯めた後、「ま、様子を見てください」と、そそくさと帰る。

アレは多分まだゴミ出てたんじゃないかなー、と思いつつ
台所の方の確認をすると、そちらの水も相変わらず汚いまま。


不動産屋に連絡するも、要領を得ず。
早急に何とかして欲しいと伝えると、「明日はお休みなので・・・」という返事。



10/3(木)
予告通りちゃんと水曜日をお休みした不動産屋から連絡。
「10/6までには『方向性を』決めることが出来ると思う」とのこと。
責任の所在を問うと、「水道屋が悪い」「大家が悪い」と言うが、
「では大家さんに抗議すれば解決するのですか?」と聞くと、そこではじめて
大家は既に、この件については不動産屋に委託済みであることを聞かされる。


浄水器を取り付けることを提案されるが、
「浄水器で大丈夫なのか?」というこちらの質問に「大丈夫です」と即答(営業の女性が)。
「既に取り付けられていた浄水器は完全に目詰まりを起こしていたし、
そちらの言っていたパッキンと蛇口の腐食が原因である、という話が間違っていた以上、
浄水器では不安がある。そもそも現場を見てもいない人に大丈夫と言われても信用ならない。」
と伝えると、方針を決めてまた連絡する、とのこと。



10/5
不動産屋の修理担当者が責任者付き(?)来訪(事前予告なし)。
相変わらずゴミがでている水と、
既にちょっとゴミで目詰まりしている蛇口の先(細かい網がついていた)を見て、やっと
「水道管の洗浄を行います」と約束。

ただし日時は不明。どんなに早くても1週間後、とのこと。
取りあえず、と蛇口につけるフィルターみたいなもの(200円くらいで売ってそうなやつ)
を設置してくれる。


と、現状こんなかんじです。
状況自体は全く改善されていないということですね。
水道管の洗浄で直ったら良いのですが・・・。

そんな状態ですので、お風呂洗濯はまあしょうがないとして、
煮炊きと飲用は買ってきた水及びお茶でなんとかしてるわけで。
煮物だったら極力野菜の水分を生かす系とか、レンジで蒸す感じの調理とか。

おそば食べたいのおそば。
でも、茹でるのにもしめるのにも大量の水が居るから我慢してるの。


最悪、もう1度引越しもあるかもなぁ、とずっと思っていて、
もちろん資金面から言っても、自腹で再引越しはしたくないので、
不動産屋がお金返してくれて引越し代も出してくれれば、ですけども。
まぁ無理だろうけども。
でも、ずっとこのまま水が使えないなら引っ越すしかないわけで・・・。

ずっとそんな状態ですので、もちろん荷物の片付けも進みませんし
(さすがにもう終えましたたけども)、
引越し用のダンボールの処分とか、
住民票とか郵便局、免許証以外の、早急に必要ではない住所変更届とか、
そういうのまだできてないんですよね。
二度手間になるかも。と思うとつい・・・。


群馬で借りてた部屋も、不動産の営業の人がすごく頼りなくて忘れ物が多かったり、
エアコンの故障を修理してもらうのに1ヶ月くらいかかったりはしましたが、
ここまでメンドクサイ事になったのは、長い放浪生活でもはじめてですよ。

そもそも、こちらが怒ってるのは、
「水道が使えない部屋なんか貸しやがって!」という部分ではなく、
状況を把握しておきながら、こちらが連絡するまで1週間放置していたり、
水道屋と何の連絡も取れていない、何をするのにもすごく時間がかかるというような
不動産屋のいい加減な仕事ぶりと誠意の無さに対して、なのですが。
直しません、直せません、とはっきり言ってくれればこちらも対処のしようもあるのですが、
のらりくらりと対応され続けてもう半月、ですからね。


飲用に適さない水が出てるから対応を、と、
大家から連絡があった時点(多分9/21辺り)でこちらに来て、
「今から調査しますので、取りあえずはこちらで」
と200円くらいのフィルターをつけてくれるだけでも、
全然こちらの印象は変わったのに・・・、少なくともここまでイライラさせられなかったのに・・・。
電話口でだけすみませんすみません言われても、何の役にも立たないのに。


結論としては、
「選べる余裕があったら、今後はア○マンショップでは契約しない」
「選べる余裕があったら、大家じゃなくて大手管理会社が管理してる物件を選ぶ」
という感じでしょうか。

時間的にも資金的にも、選べる余裕があることなんてほとんどないけどね!


スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/10/07

久しぶりに

気晴らしが必要だよね!
と、金曜日に図書館に出かけたのですが
借りてきた本をもう読み終わったのに今日は休館日なので、
久々に日記にも本のことを書きましょう。
久しぶりすぎてテンプレすらあやふや。

30冊まで借りられる、とは言っても、
帰りに買い物もするし、特に今は水とかお茶とかかさばるものを買う必要も多いので
取りあえず5冊。



・「翼ある闇  メルカトル鮎最後の事件」 麻耶雄嵩

翼ある闇―メルカトル鮎最後の事件 (講談社ノベルス)


最後の事件、と書いてあるからにはその前の事件があるはず、としばし探したのですが
本の裏に本書がデビュー作と書いてあるのを発見。
多分ないね、最後じゃない事件。
デビュー作だけあって、色々気負って書いてるのかなぁ、と。
良くも悪くも「コアなミステリーファンが思いの丈を詰め込みました!」的な印象。

ものすごい力技な密室トリックも含め、
恥ずかしがらずにこういうの全部詰め込めるのは最初だけなのかも知れません。



・「蛇棺葬」  三津田信三

蛇棺葬 (講談社ノベルス)


刀城言耶シリーズではないホラーミステリー(?)。ミステリーでは無いかも。
彼が出てこない、というだけで、刀城シリーズと雰囲気は変わらず。
横溝みたいな世界観のジャパネスクホラー。
なかなかにおどろおどろしくて面白うございました。



・「フレームシフト」 ロバート・J・ソウヤー

フレームシフト (ハヤカワ文庫SF)


今度の図書館は、海外文学の棚が単行本サイズと文庫本サイズに別れており、
つまり、ハヤカワ文庫を物色しやすいわけで。

過去でも未来でも宇宙でもなくて、遺伝子とちょっと超能力。
『私の想像あるいは期待するSF』とはちょっと方向性が違って、
どちらかと言えばミステリー色が濃い感じの作品でしたけども
読みやすくて面白かったです。
次は「ゴールデン・フリース」を読もう。


・「新世界より 上・下」 貴志祐介

新世界より 上   新世界より 下


ちょっと前にアニメ化されてた時から読んでみたいとは思いつつも、
いつ行っても上下揃いで置いてなかったんですよね、群馬の図書館。
アニメは結局一度も見なかったんですけども・・・。

ぶ厚い上に上下巻とか、普段ならご褒美ではあるんですけども、
ココロに余裕がないときにはどうかなー、とか思ってたのですが一気に読了。
何ですかね、分類はファンタジーホラー?

話としては、グロいし怖いし救いの無い部分も多いのですが、
書き手が上手なせいか、内容に対して読後感は、
爽やかとまでは行きませんがそこそこさっぱり。

現代日本とは違う世界の話なのですが、その世界の成り立ち等の部分も含め
世界観の説明も上手なので自然に話に入り込めてよかったかなと。

いやでも面白かったけどこれをアニメでは見たく無いわ・・・というのが正直な感想でもあり。
最近のアニメはエロもグロも結構遠慮なく描いてる気はしますけども、
それの是非はともかくとしても、
本書は映像にするとさすがにグロ過ぎやしないだろうかと。
多少はマイルドになってるのでしょうか。

まぁ、小説は大変面白く読んだので、アニメのことはあえて調べすに
良い思い出にしておこうかな、と思います。

読書 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/10/15

台風に備えて

午後から雨になるけど冷蔵庫に食べ物がない!

ということで、雨が降る前に帰ってくるべく朝9時から
図書館と郵便局とスーパーへ。

着いたの朝10時なのに、スーパーが死ぬほど混んでて、何事かと思ったのですが、
火曜日の特売、15日の老人割引、
近所の幼稚園運動会の代休、近所の小学校2時限までで終了、
そして台風への備え、
というコンボだったらしいです。

まぁとりあえず、明日引きこもる準備は完璧!


とりあえず返してきた方を。


・密室の如き篭るもの 三津田信三

密室の如き籠るもの (講談社ノベルス)

短編集。
刀城言耶シリーズは、ミステリというよりもホラーよりだと思うのですが
短編だとおどろおどろしさがねっとり書けないから、ちょっとつまんないなって。



・「スタープレックス」 ロバート・J・ソウヤー

スタープレックス (ハヤカワ文庫SF)

「ゴールデン・フリース」が貸し出し中だったので
適当に粗筋読んで面白そうだったこちらを。
そして期待に違わず面白かった!

地球人含む何種類かの宇宙人とで構成された宇宙船で、
未知の宇宙の謎や生命体と遭遇、ってまぁ、スタートレックみたいなものですけども。
面白いですよね、異文化との接触。

いつか宝くじとか当たったら新スタートレックのDVDボックス買うんだ・・・!
読書 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/10/16

引きこもる

台風はすごい雨と風でしたね。
前日の朝、網戸がいきなり外れてて、どうにも安定がよくなく、
まさか風で網戸が外れたりしないだろうな、とずっとドキドキしておりました。
とりあえず大丈夫だったけども!


幸い、本日は旦那が休日、しかも引越ししてから初かもしれない、
ちょっと職場に顔を出すとか届けものをするとかすらしなくてもいい完全休日!

となったらやることは決まってますよね。
ゲームです。


2人でボチボチとモンハン4で集会所のレベルを上げているのですが、
協力プレイは人を堕落させる・・・!と思うのです。

前回のモンハンではいやおう無しに完全ソロプレイだったので、
上位集会所も頑張ってスラッシュアックスでクリアしてきたのですが、
協力プレイもできるとなったら、
一人で高難易度のクエストとかやりに行こうという気にすらならなくて・・・。

いいよね協力プレイ、堕落最高!


で、旦那はランスもしくは操虫棍、私は相変わらずスラッシュアックスで
特につまることもなく進んできたのですが、
緊急クエストのグラビモス亜種に心を折られました。

私はまぁ、装備に回避性能+2回避距離がついてるので、
慣れたら何とか死なずにすむかなぁ、とも思いますが、
旦那が、
「こんなもんやってられるか!俺はライトボウガンを使わせてもらう!」
と、装備を新調し始めたので、
釣られて私もライトボウガン装備を1式作ってしまいました。
水属性攻撃+3のついた、グラビモスを殺すためだけの装備を。

ちょっと練習したらリベンジだ!

こうして、風の強い休日はあっという間に終ってゆくのです。
やっぱり台風の日は引きこもるに限りますね。

ゲーム | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。