--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/05/12

らっきょうはじまりました

めでたくGWも終わり、
今週の旦那は3連休ではないものの、お休みが3日も!

ちょっと遠出してカレー食べつつミイラ展を見に行ったり。
スーパーでラッキョウを売り始めたので塩漬けにしてみたり。

買い物に行ったついでに図書館にも。

最近あまり本を読んでおらず、
読んだ本も何かこう微妙で感想を書く気にもなれなくて…、
という状態でして、
もう、今回は返却だけにして、ちょっと読みたくなるまで借りるのは控えておこうかと
そんなことを思ったりもしたのです。

が、
今回旦那が、別の目的地のそばにあるから、という理由で
今まで行ったことのなかった分館のほうに連れて行ってくれまして。

分館だしなー、と侮っていたのに、
思ったよりも蔵書量が豊富で、
しかも利用者が少なくて競争率が低いせいか、
今まで、ちょっと読みたいな、と思っていたものの人気があって借りられなかった作家さんの本、
例えば宮部みゆきとか東野圭吾とか伊坂幸太郎とか
あの辺がごっそりありまして。

ホクホクと5冊抱えて出てきてしまいました。

自宅からの距離も、本館より近いくらいなんですよね、多分。
しばらくこっちに通ってしまおうかしら…。



スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/05/17

物欲再燃

ゲーム欲しくなって来た。


前回買った「ドラゴンクエストモンスタージョーカー」はまぁそこそこ遊べました。
それなりに楽しめる出来だったかと。


一緒に買った「ポケモン不思議のダンジョン 時の探検隊」の方は、
何というか、まぁ…。
不満点を上げはじめたら多分朝までかかる勢いなので割愛しますけども、
300円でもいらなかったね。
ペットボトルのお茶を2本買ったほうが良かったね。


まぁ、それはそれとして、
6/30にエルミナージュ3が出るのです。
それはもう、大変待ち遠しく、
どのくらい待ち侘びているかというと、
あふれ出るパトスを抑えきれずにエルミナージュ2の方を
もう1度最初から遊びなおしているくらい待ち侘びているのですが。

まだ後1ヶ月半もあるというのに、遊びなおした2の方ももう大分アイテムとか集まっちゃって、
どうしたものかと…。

どうしようもこうしようも、発売日が来るまでは何もしようがない訳ですが。


それともう1本、ちょっとほしいなぁ、と思っているゲームがありまして。
それが「Tropico3」

緑溢れる南国の島で、ラテンのリズムに乗りながら、
バナナを採ったり、魚を採ったり、木を切ったり、別荘を建てたりする
箱庭系シミュレーションゲームです。


というと、すごいのどかで平和的なゲームに聞こえますが、
1950年台から1970年台のカリブ海辺りの島の大統領って設定なんで、
ソ連とアメリカの勢力争いに巻き込まれたり、
軍事クーデターによって暗殺されちゃったりもしますけども。

でもまぁ概ね平和だと思っていいと思います。
しょっちゅう国民が反逆者になって施設を破壊しに来ますけども…。

デモ版をDLできるので、ちょっとやってみたのですが、
なかなか楽しく、大変欲しくなってしまっているわけです。

こちらはSteamで現在19.99$。
ゲーム1本としては割とお安いと思うのですが、
結構人気あるし、夏休みまで待ったらセールすると思うんですよね。
50%オフとかそういうレベルの…。
それを思うと、今買うのはためらわれるのです、とても…。


それに、もうすぐUOの有料拡張パックが発売されるし…。
内容がちょっとアレなので、実際買うかどうかはまだ分からないけどでも一応…。

エルミナージュ3の発売まで待てれば、夏休みくらいまで気をそらせると思うのですが、
後1ヶ月半。
頑張れるかどうか…。




ゲーム | Comments(0) | Trackback(0)
2011/05/20

夏に

30℃とかどういうこと…。
まだ5月なのに!

去年の夏はさすがに大分エアコンを多用していましたけども、
今年はそういうわけにもいかなそうですし。
お手柔らかに願いたいものです。





・「貴族探偵」 麻耶雄嵩

貴族探偵


貴族探偵が主人公の連作短編集。
様式美を詰め込めるだけ詰め込んだというか、
やりすぎ感すら漂うギミックがちょっと面白かったです。

が、中の一編に使われていたテクニックがちょっとこう。
意表を突かれたといえば突かれたのですけれども、
なんかちょっと釈然としないというか、
こういう方向性はあまり好みではないな、というか。
評価分かれそうだなー、と。

まあ、インパクトはあるかもね。

読書 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/05/21

効能

ラッキョウの塩漬けを日々食べています。

毎年のことなのですが、
ラッキョウを食べ始めると体調が良くなる気がするんですよね。
胃腸の働きが活発になるせいなのか、
なんかこう、毒素が抜けていく感覚、と申しましょうか。
気分もすっきりするし!

体が慣れていくせいか、食べ続けてるとそういう感覚も薄れてしまうので、
毎年この時期だけのお楽しみになります。
季節を感じられるのは良いことですね。




・「英雄の書 上・下」 宮部みゆき

英雄の書 上 英雄の書 下

ずっとタイトルだけ知ってて、書架に戻されてたら読んでみようと思いつつ
全くその機会がなく。
今回分館のほうに行ったら上下とも普通においてあった本。

ファンタジーでした。
ほのかなクトゥルフの香り。
少女とネズミの組み合わせには若干の既視感も感じます。

ファンタジー的なシチュエーションも好みですし、
分厚い上下感を一気に読ませるだけの筆力はさすがだと思いました。

が、読み終わって、「あー、面白かった、満足!」ってなるかと言われると
なにかちょっとこう、足りないのか余分なのか、自分が大人になってしまったのか。

原因は色々ありそうですが、一つ言えるのは、
「現実」部分の描写がもっと少ないほうが多分私好みなのだろうな、と。

この作品には、その「現実」部分が必要だと思いますので、
もっと削ればいいのに!というのではなく、
ただ単にそういう趣向の物語の方が好みだな~、ということですけども。
例えば「はてしない物語」くらいの…。


でもネズミはかわいかったですし、読んでて楽しくはあったので、
もし続編出るんだったらまた読みたいですね。
続編書く気になれば書けそうな終わり方でしたが。
無い気はしますが…。

読書 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/05/23

ふわふわ

すんごく分厚くてふわふわなホットケーキを食べてきた!
30分もかけて焼くらしいよ!!
と、友人に画像付きでジマンされてしまいました。

羨ましい!!


話だけでもアレですけども、画像がついてると
もう食べたくなってしょうがないわけです。

しかしお店は鎌倉。
気軽に行ける距離ではありません。

ホットケーキ食べたい欲は日々募るばかり。
仕方ないので自分で焼いて見ることにしました。
もちろん目指すは分厚いホットケーキ!


あいにく我が家には大きめのフライパンしかありませんので、
フライパンいっぱいにでっかいホットケーキを焼く方法は却下。

同じ大きさのホットケーキを2個焼いて、
まだ上が焼けていないうちにその2個を重ねあわせる、という方法も
うまく出来る自信がなかったので却下。

とりあえず一番お手軽な方法として、
型にはめて、生地が広がり過ぎないようにして焼く方法を採用。

家にあった、底が抜けるタイプの丸いケーキ型(小)がよさげなサイズだったので
早速試してみます。

いつも一人で食べるよりもちょっと少なめにした生地を
フライパンの上においたケーキ型の中に流し入れ、
弱火で放置すること15分ほど。

そこには、いつもだったらありえない厚さに膨らんだ生地の姿が!!

型に油塗るの忘れたので、うまく型から外れるかどうかが不安でしたが、
ちょっとくっついてたくらいで、振ったらあっさり外れたので、
慎重に裏返します。

裏も濃い目のキツネ色にカリッと焼けていて期待が持てます。

8割方火は通っていたので、裏返して5分ほど焼いて完成。
早速いただくことに。

蜂蜜をかけて食べてみたのですが、
上下はカリッと、中はふわふわでとてもいい感じ。
というか、いつも食べてるホットケーキともう全然別物。

いつもよりも少なめな量なはずなのに、
いつもより満足感も味わえます。

やっすいホットケーキミックスを使ってもこの出来ですから、
ちょっとお高いミックスを使うとか、自分でちゃんと量って作るとかしたら
もっと素晴らしい物が待ち構えているのではないかという期待に
胸も膨らみます。

とりあえずこれからホットケーキを焼くときにはこの方法で焼こう!
と決心したのですが、
ただ一つ難点は焼くのに20分以上かかることですかね…。

一人のお昼ご飯とかにならいいけど、
旦那の分も焼くとすると、1時間近くかかるとか…。
旦那にも食べさせて感心させたいけど、2枚焼くの面倒…。
もうちょっと大き目の型を使えば、
二人分の生地をいっぺんに焼けるかどうかが
今後の検討課題です。

いや、それにしてもおいしかったわぁ。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。