--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/04/14

春めいて

大分春めいてまいりまして、
近所のサクラもきれいに開花。

そして、
そろそろラッキョウの季節だね!
という旦那…。

ただの塩漬けにしたものは多少癖もありますが、美味しいですし
季節のものだし、で私も嫌いではないので、毎年塩漬けにするのですが、
泥洗って根っことって皮むいて、って作業が死ぬほど面倒で…。





・「マルドゥック・ヴェロシティ 1 2 3」 冲方丁

マルドゥック・ヴェロシティ〈1〉 (ハヤカワ文庫JA) マルドゥック・ヴェロシティ 2 (ハヤカワ文庫JA) マルドゥック・ヴェロシティ 3 (ハヤカワ文庫JA)

『冲』の字を素直に変換してくれないIME…。
『うぶ』でダメなのは勿論、『ちゅう』でも『おき』でもダメなんですよね。
『若冲』は一発変換できるのでそこから毎回『若』を削る地味な作業…。

前作の「マルドゥック・スクランブル」よりも、
時系列的には前のお話。

前作の私が読んだバージョンでは挿絵は全く無かったのですが、
これは文庫本の状態なので、寺田克也が書いてて私に良し。


経験を積む前のネズミが、若々しいというかはかなげというか、
というのは大変よろしいのですが、
ちょっと、読んでてHP削られる系。

面白いんだけども!!
面白いって言っても色々種類があるよね…という。
スポンサーサイト
読書 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/04/25

ヨメのお仕事

旦那方の親戚が先日お亡くなりになって、
お通夜とお葬式に。

しかも、
お通夜の日は旦那が仕事を休めない、というと、
じゃああなただけでも来てくれると嬉しいんだけど!とお義母さまが。

えー……。


もちろん行きたくはなかったのですが、
私に何の用事もないことくらいとっくの昔に知られてますし、
普段嫁らしい事など何もしていないのでこんなときくらいはねぇ…、
と思い、
もちろん行きますよー、と即答。

私の結婚式や義弟の結婚式で顔を合わせたことのある親戚は何人かはいるはずですが、
顔と名前が一致する人など一人もいないし…という状況。

一番辛かったのは、
お通夜は6時からだってのに、何故か昼の12時に迎えに来たお義母さんに
連れられていった親戚宅で、
自分一人喪服で、
見知らぬ親戚のおじさんが座っているコタツに突っ込まれて、
黙ってニコニコしながら3時間ほど座っていたことでしょうか…。

色々と気は使ってくれるんですけども、
おなか一杯なのに、遠慮はしなくていいのよーと、
目の前に山盛り食べ物を置かれたり。

何か手伝うったって、
皆自分の着替えとか、親戚の何とかさんに連絡とか、
私が手伝えるような仕事してるわけじゃなし。
かといって、さすがに年配のおじさんたちの親戚同士の会話に
口を突っ込めるわけもなく。


それに比べたらお通夜って楽よね…、っていうね…。
次の日の、お葬式は、旦那が休みを取ったので、
葬儀会場に直行直帰してよかったので、
更に楽でよかったよね…、っていうね…。

出かける前に、持ち物着る物念入りにチェックして、
黒い靴を履いてることも確かに確認したはずなのに、
鍵を忘れて家にとりに入ったその一瞬のうちに
旦那が革靴とスニーカーと履き間違えたことを葬儀場につくまで気づかず、
慌てて新しい靴を買いに行った旦那が結局お葬式の開始に間に合わなかったことなど
些細な事です。


5年ぶり3回目くらいに顔を合わせて、
今何処に住んでるんですか?実家の近くですよ!え?そうなんですか?
という会話を私と交わした義弟を含め、
旦那も親戚たちととほとんど全く会話もしてなかったですし、
まぁ、そんな付き合いなのだな、と、
頑張って溶け込もうと空回りとかもうしなくてもいいのかな、と。

後何回あるか分からないこういう席で
黙ってニコニコしてれば済むなら楽なもんだよなと、
そう自分に言い聞かせつつ、
凝った肩を揉むことにします。

はあ、疲れた。

未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/04/29

GWが始まりました。
毎年この時期は、7連休~とか10連休~とか浮かれている方々に
呪詛をつぶやくのが恒例となっておりますが、
旦那の今年のGW期間は、お休みこそ1日しかないものの
勤務時間はそれなりに余裕のあるものとなっておりますので、
まぁ我慢します。
お休みの方は頑張って消費活動をしてください。


大分春めいてまいりました。
3/7の日記で、雑草が生えてるのか麦が生えてるのか判断がつかない、と書いた
家の前の田んぼですが、
あの後もしばらく、同様の状態が続いておりまして、
いつまで経っても穂も出ないし、丈もなんだか足りないし、
やっぱり雑草なのかしら、と思っておりました。

で、病院にお見舞いだのお通夜とお葬式だのでしばらく忙しくしていて
田んぼに目をやる余裕が10日ほど無く、
今日久々に前を通ったところ、
いつの間にかにょっきりと立派な穂が!

やっぱり麦だった!

稲の穂が出始めたくらいの景色も好きなんですが、
麦は麦でまた様子が違って良いものですね。

これから実っていく様子を楽しみにしたいと思います。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。