--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/04/05

お引越ししました

こんにちは、もしくははじめまして。


今までMSNブログなんかで読者が5人くらいの日記を書いたり書かなかったりしていました。
(かこにっきhttp://isami-sin.spaces.live.com/)

どうにも使い勝手が悪くて、でも他所のブログに引越ししたくても
過去の記事ごと引越しができないので面倒くさくて…と、
ずっと二の足を踏んでいましたが、
リアルでの引越しに伴い、思い切って日記も引越ししよう、と。
過去とは決別しよう、と。
そう思った次第です。
決して引越しの後片付けが面倒で、現実逃避をしたかったとかそういうわけでは。

思いつきで書いているので、
すぐに飽きて放置されていても生暖かい目で見ていただければ幸いです。


取り合えず自己紹介など。

引越しばかりしています。
結婚する前は、広島、静岡、京都に住んだことがあります。
結婚してからは、埼玉、茨城、新潟、栃木、千葉に住みました。
この四月に福島に引っ越してきました。

基本引きこもりのインドア生活です。
ネットが繋がっていて図書館と本屋と古本屋が近所にあれば、
結構どこでも幸せに暮らします。

本が好きです。
ゲームもそれなりに好きです。

日常のどうでもいいこととか、読んだ本の感想とかが日記の主な内容になると思います。
だらだらと垂れ流します。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(2) | Trackback(0)
2009/04/05

デザイン

fc2はデザインがいっぱい選べていいなぁ…。
と、昨日一晩あれこれとああでもないこうでもないといじっていたのですが、
結局何の変哲も無い地味な感じのモノに…。
いいんだよ、シンプルが好きなんだよ私は、地味な人間なんだよ。

自分でカスタマイズも出来るようなので、
その内気が向いたらまた…。

で、こちらをいじって気晴らしもしたので、
ちゃんと引越しの後片付けもしましたよ。
取り合えず本棚にも半分くらいは物を詰めましたよ。
この調子で後二日くらいで終わらせたいと思っていますよ。
(昨日借りてきた5冊のうち2冊を既に読んでしまった現実からは目をそらせつつ)
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/06

ローカル

2,3日前のこと。
生活用品の買出しに、車で各所を回ってたときのお話。

車でラジオをつけていたのです。
仕事柄車で移動することの多い旦那は、
車に乗るときは大体いつもラジオをつけています。
その時も当然つけていたのですが、
引っ越したばかりなので、こちらの番組編成やどういった局があるのか等何も分かっておらず、
「『おおさわゆうりのゆうゆうわいど』がやっていないねぇ、
あの微妙な音程のタイトルコールがいいのに…」
などと言いながら、適当にチャンネルを変えておりました。

ローカルな火事のニュースやローカルなCMなどに混じってこのようなニュースが…。
「昨日、○○市○○町の山田一郎(仮)さんのお宅から、ペットの猫が逃げ出しました。
名前は太郎(仮)くん、3歳のオスで茶色いキジトラ模様をしています。見つけられた方は
山田さんのお宅までご連絡ください。」


わぁ、ローカル局すげぇ。
すごく…好感度がアップしました。
やはり、ちょっと田舎くらいが色々と味があっていいです。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/07

春の気配

ここ2日くらいめっきり暖かくなり、
レースのカーテンも装備できたので、
昼間は窓を開けて外の風を入れられるようになりました。
福島はもう春。


まだいっぱいある灯油どうしよう………。


読書メモ

・「麦酒の家の冒険」 西澤保彦

麦酒の家の冒険 (講談社ノベルス)

巧千暁シリーズ。
神麻嗣子シリーズよりこちらのシリーズの方が好きなんですが、
何故か図書館でも古本屋でも、こちらを見かけないんですよね。
表紙が水玉絵じゃないせいなのか…?
未だに作品内時間軸における第一作目が読めていません。
「あの事件」とか言われてもわかんないっての。

本作はまぁ普通に面白かったし、てけれんな舞台設定には驚かされはしたのですが、
奇抜さを追求しすぎたせいか、謎解きがすっきり納まらない感が…。
「いやまぁそれで説明もできるけどちょっと無理があるんじゃないのー?」的な…。
いっそシロクマ型宇宙人とか超能力者とか出てきてくれれば、
こういう世界観なんだから!で納得も出来るのですが。
巧千暁シリーズは短編の方が面白いと思います。


・「ハサミ男」 殊能将之

ハサミ男 (講談社ノベルス)

各所でお勧めされていたので、ずっと読みたかったのですが、
なかなか読む機会に恵まれなかった作品。
これは良い。大変楽しめました。
文章も読みやすく、ミステリとしても面白く。
買ってもいいな……。


・「ベートスンの鐘楼 影の探偵と根津愛」 愛川晶

ベートスンの鐘楼 (カッパ・ノベルス)

影の探偵ってなんだろう…と思ったのですが、
根津愛シリーズの中にもう一つ影の探偵と根津愛シリーズというのがあるんですね。
本作はそれの2作目のようです。また2作目から読んじゃったよ。

影の探偵自体はまぁ魅力的なキャラクターと言っていいと思います。
が、ストーリー上、影の探偵をホームズ役に、根津愛をワトスン役にと、
無理やり当てはめており、
かといって今更、根津愛を間抜けな助手に造形しなおすわけにも行かないため、
どうしてもまどろっこしい感じに。
不必要にもったいぶってる印象になってしまうんですよね。
二階堂蘭子を彷彿とさせます。
根津愛シリーズ自体は結構好きなんだけどなぁ…。

読書 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/04/08

今日中に返そうと思うので

借りてきた5冊とも読んでしまったので、
明日、というかもう今日ですが、次のを借りてきたいな、と。
だから感想もさっさと書いてしまおうかな、と。

ちょっとハイペースな気もしなくもないですが、
普通の図書館から離れていた1年間で
思った以上に本に飢えていたんだと思うことにします。
そういえばまだ古本屋にも行ってないなー。
早いところチェックしに行かないとなー。

え?荷物の片付け?
……取り合えず生活に支障が無い程度には……。


本メモ

・「ペガサスと一角獣薬局」 柄刀一

ペガサスと一角獣薬局

南美希風シリーズの短編(?)集。
初見ですけれども、もう5冊目のようです。
まぁ、過去の事件について語られること等はなかったので特に支障はなし。
「密室キングダム」は、あの厚さと装丁がとても好みで、図書館に並ぶのが待てずに
買ってしまいたい衝動に大変駆られたのですが、それも同じシリーズだったようで。
これもなー、好みなんだよなー外見が。本棚に並べたいわーー。
内容も良かったです。
探偵さんが癖の無いあっさりした感じで好感が持てます。
シリーズの他の作品も早速借りてこよう。


・「リベルタスの寓話」 島田荘司

リベルタスの寓話

御手洗ものだと、読んでがっかりするんだろうな、と思いつつもつい借りてしまう。
いや、面白くなくはないんですよ…?
でも、御手洗さん最近電話でしか出てこないし……。
社会問題とか歴史問題とかを絡められると、話自体は面白くても、
素直に読めない部分も出てきてしまうので、
もうちょっとこう、そういうカラーが薄い方がいいのになぁ、とも思いつつ。
後、MMORPGとかRMTとか、島田荘司が語ると、すごく・・・違和感があります。
社会人ゲーマーは多数が利用してるみたいに書かれてもなー。
やはり、御手洗は初期の作品が良いです。
読書 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。