--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2015/10/05

覚書

夏アニメでちゃんと見た枠

・うしおととら
とらちゃんかわいい

・GANGSTA.
キャラクターとかすごい好みだったし、アニメも丁寧に作ってあったと思うし、
尻切れっぽい終わり方と後半の息切れも、
2期、きっと2期あるから…!!!
って思ってたのに…
マングローブ……

・乱歩奇譚
前半面白かった。

・監獄学園
……
良く頑張った…よね、いろんな意味で。
評価して良いものかどうかは判断に苦しむけども。
神谷浩史の声聞いただけで変な笑いがこみ上げてくるようになってしまいました。
DVD初回特典の「たのしいプリズンカルタ」が気になってしょうがない。



秋アニメで1話見た分

これからも見ようと思う枠

・ルパン三世 新シリーズ
基本に凄く忠実な感じで面白かった。
これ深夜じゃないとダメなのかなぁ…。
深夜の方が個人的には見やすいからいいんだけども…。

・へヴィーオブジェクト
ロボ。
ロボで戦争物って、あまり興味のない分野なんだけども、
1話見た限りでは面白かったので、期待。

・コンクリート・レボルティオ
色々と今風()な感じ。
主人公が紫色の髪の毛の超人ロックで、ヒロインがクリーミィマミで
第1話はウルトラマンでした。
現在のところ一番の期待枠。



1話見たけど続き見るかなぁ…どうかなぁ…枠

・ヤングブラックジャック
グッドルッキングガイ重点、しかも顔が近い。
そして、何故か漂ってくる手塚治虫じゃなくて田中圭一だこれ!的雰囲気。
突っ込みどころが多いという意味では面白いかもしれない。

・ワンパンマン
グロかった。

・コメット・ルシファー
ラピュタかな?

・終物語
旦那は見ると思う。
私は、物語シリーズの方にはついていってないからどうかなぁ。
しかし良く喋るアニメだよね。

・ランス・アンド・マスクス
現代日本っぽい舞台で、変なマスクとランスもってる人は、
チンピラから女の子助けるという目的を持ってたとしても
正直チンピラより警戒すべき相手だと思う。



まだ見てないからとりあえず1話だけは見ようかな…枠

・すべてがFになる
原作に思いいれが強いと、
映画化もそう思うと思うんだけど(見てないけど)、
どんな出来でも、文句なしに良かった!って絶対ならないと思うんですよね。
特になー、ミステリーはなー。

・おそ松さん
六つ子のキャストにこの気合の入れようはなんなんだろう…
という部分がとても気になったので…。



結構見たなぁ…。
日曜日に結構集中していて、とりあえず1話くらいは見るか…と思った結果
3時間くらいぶっ続けでアニメ見る羽目になったわけですが、
コンクリートレボルティオ、へヴィーオブジェクト、ハイキュー、ワンパンマンと
4本連続で、主人公、もしくは主人公の相棒の中の人が同じ人で、ちょっと驚き。
すごいなー、売れっ子だなー。



スポンサーサイト
アニメ等 | Comments(0) | Trackback(0)
2016/07/31

人形劇

世界樹の迷宮5の発売日を指折り数えて待っています。
もちろん体験版は即DL
全職をレベルキャップの10まで上げました。

スキルとかペットや召還の概念とか、
色々前作とは変わってる感じなので勝手も掴みにくいですが、
取りあえずは
前衛をドラグーンとセスタス、後衛をウォーロック、ハウンド、ハーバリストで
やってこうかなーと。

ネクロも楽しそうだけどハウンドドラグーンと一緒の運用は
ちょっと相性が悪そうですし、
火力的にマスラオかリーパー入れたい気もしますけども、
縛りをハウンドだけに任せるのは
初プレイではちょっと不安なのでセスタスかなぁ…と。

何にせよ、発売までは我慢!


ということで今日はゲームの話で無く人形劇の話。


ジョジョとマクロスは前クールから続いて見てるけども、
新しくはじまったアニメであまり好みのものがないわねぇ…と思ってたのですけども、
1作、『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』が大ヒット!

アニメじゃなくて人形劇ですけどね!!


何でも台湾と日本との合同制作で、
布袋劇と呼ばれる台湾の人形演劇を日本のアニメ会社が脚本とかキャラデザとかするよ!
という感じのコンセプトらしく。

最初話を聞いた時は、
え?人形劇?ニトロプラスがわざわざ?
さすがにちょっと冒険しすぎじゃないの??
とか思ってあまり期待もしてなかったのですが、

たまたま初回放送のとき、ちょうど夕飯も食べ終わったタイミングで気がついて
まぁ話の種に一度見てみるか…と。

なんか凄かった。

キャラクターの名前は中国語だし、耳慣れない用語ばっかりで脳内で漢字に変換できないので
ストーリーの理解はちょっと追いつかないところもあったんだけど
人形の衣装や小物が凄い細かくてゴージャスで
後とにかく動きが派手でものすごく良く動いてたので
旦那と二人でただただ、「おぉ…」「おぉ…!!」ばっかり言ってた。

いや、良く分からなかったけどなんか凄かったね今の…、
と、翌週からも視聴することを決意。

で、第四話まで放送が終わったのですが、やっぱり面白いな!と。

とにかくよく動くんですよね、
日本の伝統的な人形演劇もかなり命吹き込まれてると思いますけども、
こちらも負けず劣らず、というか、
通常時の細かい動きも、ちょっとした手の動きやら視線やらまばたきやらで
よく表現されてますし、

後はもうとにかく、殺陣がね!
娯楽向けというかテレビ向けというか特撮向けというか
そういう方向に良くアレンジされてるなーって、
飛んだり跳ねたり回転したり、
え?今のどうやって撮ってるの?みたいな。

後でメイキング映像見てみたら
ばんばん人形放り投げてたし、ワイヤーで引っ張って振り回したりとか、
砂ホコリもいっぱい舞わせてますし、
血飛沫とか火薬とか雨とか容赦なく浴びせてますし、
ああ、あんなに細かい作りの衣装が!小物が!!御髪が!!!
って見てる方はもうそういう方面でも気が気じゃないですけども。

『武侠ファンタジー』っていう概念自体馴染みの無いものですので
ストーリー自体は割と王道な気もしますけども、
強敵が登場と共に中国語の詩を詠んでたりとか、
とにかくやたら見栄を切るなぁ、とか、
本名だの偽名だの通り名だの、名前ありすぎでしょ皆!とか
細かい部分が色々新鮮でそれも面白いです。

続きがとても楽しみですし、
コレで終わり、じゃなくてまたこの人形劇を使って新たな作品を作る
ってのも是非やって欲しいな、と。

そのためにも人気が出ますように!!
人形はとても耽美なのでドール好きにもお勧めだと思いますよ、ええ。

アニメ等 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。