FC2ブログ
2018/09/19

はじめてのJK

四象進捗
クロム鋼:35個(20個使用済み) 
四象印符:各1枚


取りあえず四象は、もうゼピュロスやタイタン等のボスも
ソロでさほど苦労せずに倒せるので(時間はちょっとかかりますが)
改めて強くなったなぁ、楽になってよかったなぁ、と。


で、今回ははじめてのJK討伐のお話。
正式名称はローズクイーンHL討伐戦。

普段マルチで野良に流れてくる討伐戦は大体が30人制限なんですが、
更に強い敵相手に6人で挑まねばならない6人制マルチ、というものもありまして。
このローズクイーンHLは6人制マルチの中では一番簡単な、いわゆる入門編という扱い。

とはいえですよ、6人しか参加できないので、
こちらがよっぽど超火力の持ち主、とかでない限り
ある程度全員が相手の行動パターンを把握していて、
効率的に動けるように役割を分担しないと勝てないお相手。

そもそも6人集めるってのがハードルたけえよ!!
と、今までずっと見ないふりをしていたのですが。

団内でも、やってみたいねーでも怖いよねー、という声もチラホラ聞こえてきますし
皆、次回古戦場に向けて火PTを鍛えてる今なら
誘ってみたら来てくれるんじゃね…?

失敗前提で場慣れするためにもJK討伐やってみませんか?と
勇気を出して声をかけてみたところ、
ありがたいことに5名の方が応じてくれまして、討伐戦を決行することと相成りました。

決行時間までに余裕もあったので、まずは入念に下準備。
どのジョブで行くことになってもいいように、
必須とされる各ジョブで武器やアビリティのチェックとキャラの選定。
リミボも振り、スキル上げが足りてなかった武器のスキル上げもし、

悩んでたけど、この際だ、JK相手に本気になってこい!!!!







久遠の指輪




と、パー様に初めての久遠の指輪を進呈。


そして夜を迎え、まずは打ち合わせタイム。
野良で流れてきたのに便乗してちょっとつついたことがある人が私ともう一人、
あとは多分初めて、という面子ですので、打ち合わせも入念に。

出撃可能なジョブや持ちキャラを申告しあい、
役割を分担し、有用な召喚石の選定、持ち込みスキルの確認、
スキルを使うタイミングの共有等々

すごい!今までになくちゃんと協力してゲームしてる!と感動しつつ
共闘ルームに部屋を作り、召喚石を設定し、いざ出陣…!


した途端に、ボイスチャットから、あぁぁぁぁっ!って声が聞こえるわけで。

どうしました?
すみません!!パーティ間違えました!!!

という会話を聞いて、あぁ、共闘だといつもと手順違うから良くやらかすよね…

と思いつつ、自分のPT見たら
ベルセルク担当のはずだったのにウォーロックのグランくんがそこに立ってるわけで…

やっちゃった☆
しかも私火力担当だったのに☆

招集かけておいてこれとか、
立場的にも強さ的にも一番やっちゃいけない人がやらかした気はするんですけども、
まぁ、幸い必須アビリティは念入りに複数持ち込んであるはずですし、
属性間違えた、とかではないので戦えないこともないし。
私マルチに行く時は大体ウォーロックだから、このPTも普通に強いはずですし…!

気を取り直してスタート!
AT中ということもあり、思ったよりサクサク削れるJK。

チャットで確認しながらでしたのでアビリティ使用のタイミング等もミスなくこなせ、
さすがに、あっさり勝てる、という強さではありませんでしたけども
PTを間違えた、という大事故以外は事故らしい事故もなく、討伐に成功。

いつもなら要所要所で押される大根スタンプすら、その存在を忘れられていた
というあたりから、皆がいかに緊張していたかがうかがえるというものです。


“2人もPTを間違えたのに”割と簡単に勝てたよね!
という感想がメインでしたので
私のうっかりが皆の自信につながったと、そう考えてもいいと思いますね!

ここでATは終わっていたのですが、
“2人もPTを間違えたのに”勝てたんだから、AT以外でも行けるんじゃない?
と、みんなの意見が一致したのでもう1戦。
今度は2人ともちゃんと間違えずに入りましたよ!

多少皆が慣れたのもあり、AT外でも特にもたつくこともなく、今回も討伐成功。

はぁ、楽しかった。

初めての相手に勝てたのも嬉しかったけど、
皆手探りで相談しつつ準備して挑んで勝てた、ってのが楽しかった!

こういうのがやってみたくて団所属したんですよね。
強い人に引っ張ってってもらって教えてもらって、ってのもいいですし
強くなる早道だとは思うんですけども、
皆で協力し合ってちょっとずつ強くなるっていうのも良いよね?

今度は他の団員さんにも声かけて、経験者増やしていこう?
あと、他の6人制HLにも順番に挑んでいこう?
ということになったので、思い切って声かけてみて本当に良かったなと。

やらかしもしたけど楽しい経験でした。
ゲーム | Comments(0) | Trackback(0)
2018/09/18

四象武器にスキルを…!

さて、四象進捗ですが…

取りあえずの目標は討伐章200枚ずつ、
クロム鋼ありったけ、印符各1枚ずつ。

Sレア武器確定チケットどうしようかなぁ
SRで欲しいキャラまだ何人もいるんですけど、狙って出せる気がしないしな…
余力があったら…?

と思いましたけど、クロム鋼まだ在庫が56個あるので
余力はないんですよね!
指輪もヒヒイロカネも欲しいしね!

現在取得済みアイテム
クロム鋼:25個(20個使用済み) 在庫81→56
四象印符:各1枚


で、この印符、
四象武器の最終上限解放以外の使い道を把握しないままに
今まで集めてたわけですが

四象武器に新たにスキルを追加するために
必要な素材をドロップする敵と戦うために消費する、のと
それとは別の必要な素材をドロップする敵と戦うためのアイテムと交換する、の
2種類の使い道があることをようやっと今回把握しまして…

まだるっこしいわ!!!


前回、これをやらないまま四象イベントを終了してしまい
古戦場用の水四象斧にスキルを追加できず歯噛みしていたので
今回は忘れずに火武器に追加を…!
そしてできれば、それ以外の3属性にも追加しておきたい…!

ですのでまずは火を。

朱雀印符を1枚消費して、真の力を発揮する朱雀とソロで対戦。
南朱の霊宝を5個集めます。
さすがにちょっと強かったですが、私もそれなりに強くなっていたので難なく終了。
1回の戦闘で3個ずつ落としたので、印符2枚で終了。

そして、四象の印符を各1枚ずつをシェロちゃんショップで四象金印というアイテムと交換、
これを消費して黄龍を呼び出して対戦。
黄金の札を1枚集めます。

こちらは30人マルチで、
しかも、本体は光属性ですが装備中の武器スキルや召喚石効果が無効、無属性ダメージも無効、
という厄介な特性を持っているので、さすがにちょっと今の実力では数人でどうこうできるものではなく。

普通に野良に流しても多分大丈夫だとは思いますが、
自発者以外にも黄金の札はドロップするようなので
せっかくだから団の人たちで旨味を分け合おうぜ!と
AT内に団内に流すことに。

ちなみに、火と風のスキル追加は黄龍からの黄金の札が必要ですが
土と水のスキル追加は黄龍と似たような特性を持つ闇属性の黒麒麟を倒して
黒曜石の札というものを手に入れないといけないので、
相談の上、もうお一方が黒麒麟を流してくれる、ということに。

ほぼ皆初見の敵、だったので多少は緊張もしましたが、
ダメならさっさと団外に救援流すことになってたので大分気は楽でしたし、
なんだかんだで割とお強い人を含む10人以上の参加となったので、
最初の黄龍こそ途中救援入れちゃいましたけども、
黒麒麟と2度目の黄龍はほぼ身内で片づけられたので、
私も強くなったけど団員の皆様も強くなっているなぁ、と改めて思ったりなど。

で、無事スキル追加素材が揃いましたので、
火の四象武器、朱雀光剣にスキルを追加!





朱雀光剣




火属性キャラのダメージ上限UPがつく、朱雀光剣・邪に生まれ変わりました。
必要な印符は多分揃ってるので、この勢いで残り3属性も追加しちゃおうかな!


ゲーム | Comments(0) | Trackback(0)
2018/09/17

四象降臨開始

前回の四象は7/9から7/15まででした。

団の人たちと、前回の四象の時もうこの団あったっけ…?
という話をしていたのですが、日記を遡ってみるに団に入ったのが6/3辺りだったので
もうしっかりありましたね、というか入ってから1ヵ月くらい経ってましたね。

恐る恐る救援出したり入ってたりしてたっぽいのでまだ皆、あまり団には馴染んでいない時期だった様子。

今ですか?
黄龍団内処理美味しいです。


ということで秋?の四象降臨開始。
もちろん目的の一番はクロム鋼集めてヒヒイロカネゲットなわけですが、
それ以外にも目的が2つ。

最低でも火の四象武器にスキルを付与する事、
そして、今回から新たに導入された久遠の指輪を最低1個は手に入れる事。

久遠の指輪は、今までの指輪の上位版(?)で
決まった効果4種類が必ず付く代わりに、1キャラ1個しか使用できない、
そして現在のところ、クロム鋼20個と交換する以外入手方法がない上に、
在庫は3個。

クロム鋼20個といえばヒヒイロカネ1個分なわけで、相当な贅沢品なんですけども。
まあみんな、自分の推しキャラにつけたいよね?
強いキャラをもっと強くしたいよね??

ということでヒヒイロカネの事はいったんのけておいて指輪目当てに四象を蹂躙しまくります。




指輪1





取り合えず1個入手!





指輪2





でもまだ誰に使うか決めかねているの。
もちろんお気に入りのキャラに使いたいわけですけども、
貴重な品故無駄遣いもしたくないのでちゃんと強いキャラにつけたい。
できれば、ずっと1軍にいてくれそうな人に…!

悩みに悩みましたけども、
パーシヴァル、土ジークフリート、シエテ
の3人に使おうかな、と半ば心は決まってるのですが、
ヒヒイロカネも、もう手持ちが2個しかなくなってしまったので
取っておきたいし、今回3個取れるかどうかはちょっと怪しいので
順番でまた悩むわけです。

古戦場とゼノサジタリウスが直近に控えてるパーシヴァルが最初かなー。
どうしようかなーーーーー。

ゲーム | Comments(0) | Trackback(0)
2018/09/09

レンジャーサイン

「蒼空の向こう側」終了。
無事にノルマ達成しました。

パーシヴァルのアニキスキンが気に入ったのでずっとつけてるのですが
マイページ開くたびにうんこ座りしたパー様がガンつけてくるの本当なんていうかこう
和む…?よね…?

ストーリーはエルモートの株爆上げイベントだったので
エルモートのSSR化を狂おしく所望します。
新キャラのツバサ君も早くうちに来ますように!


そして次の復刻版イベント、「俺達のレンジャーサイン!」が開始。

みんな大好き?ウェルダーのイベント、
名作、泣ける!と名高かったので気にはなってたのですが。
噂通り、涙腺をひねり上げてくるタイプのストーリーでしたね。

そして、初めてのSRウェルダーがイベントで加入!





0909NEW.jpg






うちには、通常ウェルダー(R)、水着ウェルダー(R)、クリスマスウェルダー(R)が既にいるので
これで4人目のウェルダー。

あとは周回してアイテム回収。

いつもの通り、ダマスカス骸晶、ガチャチケ、プシュケー、指輪に加えて
エリクシールハーフの在庫が150個もあるので、それも攫っておきたいところ。

SSR武器は水銃ですが、この間アーカルム水銃作ったから取り合えず1本でいいかな、
SSR召喚石ウェルダーも、なるべくならドロップを狙いたいところ。


ストーリー上、周回も中々辛いものはあるのですが
そこはそれ、割り切って行きたいです。

ゲーム | Comments(0) | Trackback(0)
2018/09/05

はじめてのつよばは

初めて挑むクエストというのはいつもドキドキするものですが、
マルチクエストだと更に緊張が高まります。

特に難易度が高いクエストでは、
自分の迂闊な行動が他のメンバーの足を引っ張りかねないので余計に。

しかもその「迂闊な行動」というのが挑むクエストによって全然違うとなれば尚更。


始めたばかりのころは、とにかくマルチバトルが怖かったですし、
共闘なんか怖すぎて知らない人とやるなんて考えも及びませんでした。
ランクが上がって強くなってきたら平気かな?と思いましたけども、
挑みたいクエストってのもどんどんランクが上がってくわけで、常に初心者気分。

そんなこんなで、やりたいなとは思ってたけどもう長いこと見て見ないふりをしていたのが
プロトバハムートHL、通称つよばは。

HLのつかないプロトバハムート、通称よわばはは
普通のマルチバトルにも結構な頻度で流れてきます。
もちろん最初は怖くて仕方がなかったものの一つではありましたが、
団内処理なら普通にできるようになってますし
野良だとまぁ死ぬは死ぬんですけど、どこで何が原因で死ぬのかももう良く分かってるので
さすがに怖くもなんともないんですが…

つよばははねぇ…どんなにWiki読んでもできる気がしないんですよね、
「死なないことが大前提!そこからいかに火力に貢献できるか!」みたいな感じで
かなり脅すようなことが書いてありますし、
最低限でもこの召喚石を揃えてね☆みたいなラインナップ、そもそも持ってないですし!

途中で属性がコロコロ切り替わるタイプなので、
有利属性でがちがちに固めても途中危険そうだし、
じゃあセージで?って思っても背水編成の人が多いからヒールオールは厳禁らしいし
野良で適当に削れてるのが流れてくるのを待って、最後だけつついてみる、というのをしたくても
そもそも野良に流れてこないんですよね、共闘のマルチ部屋で完結することがほとんどらしいので。

じゃあどうすればいいんだよ!アテナ引くまで待てってか??
って思ってずっと放置してたんですよね。


でも、少しランクが上(強さはかなり上…)の騎空士先輩たちが
「言うてもつよばはは、やってみたらそんな大変でもないよ?」とか
「怖かったらスパルタで行って取り合えず70%の時点でファランクス張れば
 仕事したことになるから大丈夫だよ」
などとおっしゃってるのを見て、ついに心を決めて行ってみることにしたのです。

もちろんWikiを熟読して、
共闘マルチの募集部屋には大体
召喚含む回復禁止、セージエリュシオン禁止などと書かれてるので
基本に忠実にスパルタで。
召喚石もちゃんとサンダルフォンは抜いて闇鞄2枚差しにトール入れて、
Wikiは横で開いたままにして、
ファランクスはこことここ!特殊技受けたらだめなとこはこことここ!
って唱えながら緊張に震えつつ参加。

HP13億もあるし、参加可能人数は18人と少な目だし、
Wikiには15分~40分の長期戦になるって書いてあった…書いてあったのに…


なんか3分くらいで終わったんじゃないかな…

攻撃アビリティ使っていいの?大丈夫?とか思ってちょっともたついてる間に
みるみる減っていく敵のHP。

慌てて攻撃ボタンを押してこちらの攻撃ターンが終了し相手のターンが来るも
暗闇と魅了で大したダメージも受けず。
一応70%でファランクス張ったりなどしてみましたが、果たしてお役に立ったかどうか…

で、敵のHPが50%を切ったところできっちり麻痺が入るので
あとはもう殴り放題。
麻痺が切れる前にHP削りきって終了。
カット系召喚石とか使う暇すらありませんでしたね!

怖い、つよばはより強いゴリラの群れ怖い。

都合4回参加してみたのですが、どれも似たり寄ったりの感じでして
もう部屋立てる人も参加する人の半数くらいも、
編成も最適解で行動もルーチン化されてる感じなんだろうなと。

私は、といえば与ダメ的にもファランクス的にも、
討伐に貢献できているとは到底いいがたい状態ではありましたけども
まぁ、マルチバトルってそんなものですからね、
最初のうちは記載されている参加資格を満たしていて禁止行為を把握して
最低限他人に迷惑かけなければいいんですよ、多分。
そのうちいつかは強くなって、討伐に貢献する側に回れるはず、です。

で、4回行ったところで目的のものが集まりましたので撤退。





ふつるす





出来たよ、バハムートダガーフツルス!

今までのバハムートダガーはバハムートダガーノヴム、と呼ばれるもので
SLv10まで上げるとヒューマン族の攻撃力が30%上がりました。

バハムートダガーフツルスは
Lv150、SLv15まで上昇させることが可能で
SLv15でヒューマン族とエルーン族の攻撃力が32%、HPが18%上がります。

攻撃力の上昇値はさほど違いはありませんが、
HPの上昇は大きいですし、エルーンにも効果がある、というのがとても優秀。
うちのメンバー構成だと、闇以外は各属性一人か二人、一軍にエルーンがいますからね。


ということで目標完遂。

次の目標はローズクイーンHLですかね。
(多分こっちの方が格段に弱い)
(でも6人制)
(団内で何とか…!)

ゲーム | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »